旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

6系統 松原通5~兵庫駅~長田神社~房王寺町5~新開地~兵庫駅 神戸市交通局

【プロローグ】

西神中央で神戸市バスの「果て」の路線を堪能できたので何となくこの先は成り行きでいいか、という感じになり地下鉄で戻った。長田で降りて阪急バス委託の松原営業所を見たくなって、適当な系統で松原通5へ。遠くからバスの出入りを見ていたら、濃緑色のBRC(日野ブルーリボンシティ)が止まっていたので乗りたいなーと思っていたら、面白そうな系統名を出していたので急遽乗る事にした。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215402j:plain 

【松原通5~兵庫駅】

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215417j:plain

濃緑色のBRC、今や希少種となったワンステップ車だ。しかも今流行のオートマではなくFSシフト。運転席の横にクレーンの操作レバーのようなものがちょこんと鎮座していた。

13時23分、乗ったのは僕一人で入線してまもなく発車。しばらくは町工場の集まったところを走るが正月気分の抜けない界隈はどこかのんびりしている。客もあまり乗ってこない状況とあってはバスも早着気味らしく出だし早々の西柳原で時間調整の停車があった。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215450j:plain

あと数日もしたら大勢の参拝客で賑わう柳原えびす神社の横を抜けJRの高架をくぐり左折。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215508j:plain

兵庫駅で数人が乗り込みようやく車内はそれらしいサマになった。県名にもなったところだが駅舎、駅前はどことなく昭和の昔日の雰囲気が残っていて、そこへ市電以来のカラーリングをした市バスがいるという風景は「これぞ神戸」といった風情ではないだろうか。

大開通と水木通に挟まれたところで広い道路に出る。国道28号なのだが「神戸高速鉄道の上」といった方が理解が早いと思う。ここは1・17の震災で崩壊した箇所。今やその痕跡はほぼ確認できず、完全に生活道路の一部となった。そんな国道28号を西へ進み地下鉄長田に到着。ちょうど長田神社への参道が始まる大鳥居を正面に見るようなスタイルだ。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215523j:plain

13時42分に出発するとちょうど僚車がやってきた、鳥居をくぐるバスというのもなかなかユニークだ。こちらは鳥居手前で右折し五番町へ。このまままっすぐ行けば湊川公園だが途中で左折し住宅地の中へ突っ込む。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215538j:plain

今まで大通りを走ってきた目には2車線であってもずいぶん狭く感じるから不思議である。

俄かに急になった坂を登り、神戸電鉄の高架をくぐると房王寺町5のバス停で別の市道に合流。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215555j:plain

ここで180度の方向転換。ここまでで車内は半分ほどの入り。兵庫駅やら地下鉄長田でまとまった乗降はあったものの、途中の乗降はそれほどなかった。のだがいつの間にか乗っていた、というのが正直な感想だ。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215614j:plain

夢野町に入ったあたりから徐々に下りはじめ三宮からの7系統が走る山手筋の市道と合流。眼下に新開地の街並みが見え始め「神戸らしさ」を堪能。車内は立客も多く熊野町~湊川公園西口・新開地がピークといったところか。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215627j:plain

その新開地を過ぎると半分以下の入りになり、あとは消化試合のような趣で南下を続ける。30分ほど前に見かけたJRの高架に再び沿って走り14時05分、終点の兵庫駅に着いた。

f:id:tabisuru_sumiya:20181128215641j:plain

【エピローグ】

感覚的には長田区の中央付近をぐるっと一周する系統に、車庫のある松原通5~兵庫駅の路線がつながったような感じで、45分ほどの短い間にもJR兵庫、地下鉄長田、神戸電鉄湊川公園、神戸高速新開地駅といった兵庫区、長田区の複数の鉄道駅とのフィーダー輸送を地味ながら務めているといった感じだ。駅が近づくといつの間にか客が乗っていた、というのがその辺りの感覚を如実に表している。

ただ運行時間がデータイム中心であることから、長田区の重池町付近の空白地帯を埋めるコミュニティ路線にも似たようなダイヤ構成なのが興味深い。

(平成30年1月7日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会