旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

無番 龍の宮~渡船場~アイランドパーク 西鉄バス

(補記)

能古島からカキコ。
1台の西鉄バスが島の中をシャトル運行してるのが面白いです。

終点・アイランドパークで時間があり余ってたので有料の庭園に大枚はたいて…中から見える玄海灘は絶景ですが。

f:id:tabisuru_sumiya:20170907205942j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170907205957j:plain

 

岸壁に着き一番乗りを果たしたが、これから乗る龍の宮行きは20分ほど待たなくてはならずこれまたボーッとするしかやることがなかったw。
やっと来た龍の宮行きはかつて福岡市内でバリバリ走っていた第一線の路線車を持ってきた感じで、少し古びたようないでたちだ。乗車して2分ほど海岸線を見て終点・龍の宮着(゚∀゚)

f:id:tabisuru_sumiya:20170907210012j:plain

転回場で佇む絵をサイト用にと1枚撮って、とりあえず元来た道を戻る。
ほどなくさっき乗ってきたバスが追っかけてきたので、目の前の停留所・浜崎から再び乗車。それにしても能古島って福岡市内なんだけど、風情は福岡市内のそれと明らかに一線を画す長閑さが漂ってます。

f:id:tabisuru_sumiya:20170907210029j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170907210046j:plain

渡船場前でさっき乗ってきた船から下りた客がどっさり乗ってきた。やっと活気が出てきたな・・・と思ったら停留所ごとにぽつりぽつりと降りて、展望台入口を出たら車内は写真の通り(´・ω・`)
サードギアで延々と続く坂を登り、ちょっとなだらかになったなと思ったらそこが終点のアイランドパーク。降りたのは僕だけ・・・休日の島内路線で、しかもシーズンでもない観光客向けの施設なんて利用はこんなものかも。かく言う僕もこの施設が目当てではなく、折り返し待ちの只のバスヲタなんですが・・・f:id:tabisuru_sumiya:20170907210128j:plain
時間を潰すあてが他になく、なんとなく入った「のこアイランドパーク」ですが島の頂上あたりに位置しているだけあって俯瞰して見える玄界灘は一見の価値あり。夏ならこの雄大な景色でバーベQもまた一興かもしれないけど、今は冬ってのが残念。一通り見終わってバス待ちしている客もまばら・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20170907210144j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170907210159j:plain

帰りも同じバスで、今度は渡船場前まで客らしい客は途中で2人ほどが乗っただけで、ローカルムード満点。車窓も今度は下りなのでエンジンブレーキも最大限に効かせてつづら折りの坂を下っていった。

(2007年1月5日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会