旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ドリーム403号 東京駅~千里ニュータウン JRバス関東

8月29日、ギリギリまで秋葉原を徘徊し東京駅八重洲口に着いたのが21時半。
(写真少なめ、文章多めです)

f:id:tabisuru_sumiya:20171104111841j:plain
水戸行き、つくば行きなど近距離路線の高速バスがひっきりなしに出て行く中、堺行き「サザンクロス号」(南海バス)や「青春ドリーム号」もその間隙を縫って入線。観光帰りの姿が目立つ中、家族揃っての帰省客もちらほら。夏休みギリギリまで東京で過ごしたのだろうか。


「青春レディースドリーム号」が入線してまもなく、今夜の宿となる大阪駅行き「ドリーム403号」が入線。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104111833j:plain

JRバス関東のダブルデッカー車。「新シートか!?」と一瞬期待したが在来の独立3列シートで少し残念。まあ「臨時便」だし仕方がないか(403号が臨時便だと知ったのは今朝だったりして・・・


そもそも当初はこの「ドリーム403号」に乗る予定はなく、少し前に出発していったであろう「青春エコドリーム号」の予約を取っていた。が、先週の「超得割青春号」「青春昼特急号」で4列シートはやや食傷気味になっており、出発直前の25日あたりに「青春エコドリーム」をキャンセル。改めて空席をチェックするとこの便が空いていた次第。27日のツアーバス「ハーヴェストライナー」でいよいよカラダが疲労困憊してきたので、この選択をしておいて気分的にラクになった。取消料100円と差額3000円ほどの追加はやや痛いけど、カラダが休まるのであれば安いものだ。


アサインされた席は「3C」。やっぱり1人席は落ち着く。「バスネット」枠の前方3列はしっかり埋まったけど、後方に行くにつれ空席がチラホラ・・・隣の客(3B)を見ると空席の3A席の肘掛を倒して体を2席占領する感じで横になった。「ドリーム403号」は東京駅を出ると翌朝の千里ニュータウンまで客扱停車は無いので出来る芸当。22時ジャストに出発。


「JRバスをご利用頂きありがとうございます・・・」


型どおりの案内があって、


「休憩は鮎沢PAで10分ほどお取り致します。本来は足柄SAでの休憩ですが、足柄SA工事中のため狭くなっておりますので会社の指示により鮎沢PAでの休憩とさせて頂きます」


「超得割青春号」「青春昼特急号」とまったく同じ休憩箇所で休憩を取るとの事。繁忙期対策での休憩地変更かと思ったが、この変更期間は結構長引きそうな感じだ。
霞ヶ関ランプから首都高速へ。まったり流していたが三軒茶屋付近でやや詰まり気味に。帰省渋滞か?と思ったけど用賀手前でまた流れ出したので単なる帰宅ラッシュだった様子。


ウトウトしかけてはっと目が覚める。カーテンを少しめくってみると対向車線は大渋滞。ちょうど厚木付近を走っておりこちらの下り線は快適そのものだが東京へ入る方は大変そう。渋滞の列は大井松田まで延びていた。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104111856j:plain

「お休みのところ恐れ入ります。鮎沢PA到着です。ここで休憩をお取りします。出発は23時30分を予定しておりますので・・・同じJRバスが何台か並んでおりますのでお乗り間違えのないようにご注意願います・・・」


このあたりの配慮は路線バスもツアーバスも変わらないようで・・・。降りてきた乗務員さんに思い切って、
「1階席って空席あります?」

と尋ねてみた。すると、
「ええ、全部空いてますよ」

という返事。引っ越してもいいですか?と尋ねたら、
「それは構いませんが下は空調の効きが弱くて暑いですよ」

との事。試しに1階席に立ち入ってみたがひんやりとはしていたので席の移動を決意。乗務員さんに断って移動する。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104111912j:plain

座ったのは23A付近。誰も座ってないのと階段と出入口を結ぶ通路とはカーテンで仕切られているので半ば個室的な雰囲気がある。昼間は景色があまり良くないので不人気の階下席だけど、夜行便ならばこれ以上に落ち着いた空間は無いかと。シートは2階席にあるのと同じ独立シートだから快適性は変わらず。閑散期ならば意外と「穴場」かもしれない。
発車してほどなく足柄SAを通過。追い抜いていくトラックのタイヤが真横に見えるのにやや圧倒されるが、寝てしまえば関係ない。


沼津付近までは起きていたが、昼間バタバタと動きまわったせいで大いに疲れてたのと思いっきりリラックス出来たのですっかり寝入ってしまい、三ヶ日の乗務員交替の停車をおぼろげに見た次の瞬間には万博公園の横を走っていた。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104111928j:plain

5時半過ぎに到着した千里ニュータウンで下車。予約は大阪駅まで入れていたが乗り継ぎさえうまく行けば結構早く帰宅できるので、ここの停留所は重宝している。僕を含め4人ほどが下車した。


確かに4列シート便は値段的にすごく魅力的だけど、年齢・体力を考えれば重宝するって訳にはいかないかな、と実感。快適さを得るにはそれなりの対価が必要で、旅の性質でこのあたりのバランスを勘案してチョイスするのが「旅上手」のコツなのだと改めて思った。
(2010年8月29日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会