旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@棚ざらし(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

南1系統 竹田駅西口~桂駅東口 京都市交通局

この系統番号の前に符丁(漢字・アルファベット等)がつくタイプというのは乗り慣れた地区のバス(神戸市営等)では見かけない。だからこういう系統番号の路線に乗ると妙なもので「ホントに目的地へ行くのだろうか」などと不安になってしまう。


地下鉄で竹田駅に着いて、早足でバス停へ。到着すると発車まで20分ほどあった。よかった。何せ土日は2時間に1本という閑散ダイヤを組んでいるので乗り損ねたりしたら大変だ。発車時刻5分前くらいに到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102410j:plain

やってきたのはエアロミディ。胴長なのでミディ顔のエアロスター?と一瞬迷いましたが・・・運転席横の運賃精算機がIC未対応なのに驚き思わず小銭入れをかき回す。まあ終点までだから折を見て両替するか。14時35分、7人ほどが乗り込んで発車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102433j:plain

発車してしばらくは名神高速の下を、城南宮からは新しく出来た阪神高速京都線の高架下を走る。高速道路の工事の関連で周りの風景も殺伐としたものだが、いずれ住宅地か商業地になるのだろう。ちなみにこの付近で一番デカい建物は京セラ本社とバス停名にもなっているパルスプラザ・・・この近辺は商業地への進化が妥当なのかも。


国道赤池を出て京阪国道(国道1号)を横断。周りは住宅地になってきた。そういえばここまでの区間はこの「南1」以外にも3系統が走っているはずだがすれ違いは無し。少し寂しいな・・・と思ったら

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102456j:plain

鴨川を跨ぐ橋付近で竹田駅行きの「南1」とスライド。向こうの車内は閑散としたもの・・・こちらも国道赤池までであらかた降りてしまっているので似たような状況だ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102512j:plain

久我橋で桂川を渡る。久我地区に入ると俄かに道は細くなり狭隘路線の様相に。中型の部類になるエアロミディが投入されるのも頷ける。名神高速を潜って町工場が目立ち始めた頃、久我石原町に到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102528j:plain

ここで折り返しの系統があるようで、転回場にはバスが1台据え置かれていた。東土川で少し流れが悪くなったが、これは新西国街道(国道171号)と接続しているためか。「南1」はその国道171号を京都方面へ向かう。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102547j:plain

普通車が勢いよく追い抜き車線をすり抜けていく中、「南1」はいたってマイペースに歩みを進める。中久世で国道171号から離れまた住宅地の中へ。
この真っ直ぐ高架を進めば向日町駅前で京都市外になるな・・・と思ったら直前で右折。JR桂川駅を左側に見て下津林地区の住宅地へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102600j:plain

何となく怖い響きのある下津林大般若町を通過。今乗っている「南1」は桂高校を経由する便だが、時間帯によってはこのバス停から桂滝川方面へ行く便もあるそうで。その桂高校前で3分ほどの時間調整のための「バカ停」。そういえば客の動きとしては東土川~中久世で数人の乗降があっただけだから、自然と早着になるんだろうな。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102621j:plain

阪急京都線と並行しながらラストスパート。京阪京都交通のハイデッカー車とスライドする。桂地区は同社の拠点でもあるから京都市営と伍して本数が多い。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104102638j:plain

終点・桂駅東口には15時15分着。路線図を見ると「南1」は京都市の南の縁を丹念に辿るため、住宅地・大河川・小工業地の中を走っており車窓は結構変化に富んでいて飽きが来なかった。乗られる際には時刻表等を事前にしっかり確認する事をお勧めする(平日でも2時間ヘッドになる時間帯があるため)
(2010年4月3日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会