旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ユタカライナー関西長崎1号車 博多駅筑紫口~京都駅八条口観光バス乗降口 ユタカ交通

【プロローグ】

自分は路線バス派である、と自負しているつもりであるのだが、困ったことに今から乗る区間には路線バスがないのだ。正確にはつい最近までは路線バスがあったのだがそれが廃止されてしまった。そしていざ自分の選択肢に組み込もうとした時に、あるものを選ばざるを得ない状況になった。

廃止されたのは阪急観光バスと西鉄バスが運行していた「ムーンライト号」で、夜行バスの草分け的な存在であったものの今年の3月末で廃止になった。その経緯と考察については僕以外の方に譲るとして、選ばざるを得ない状況になったものというのはツアーバスの「ユタカライナー」。大阪のユタカ交通が運行している。実はこのツアーバス、個人的にまったく知らない存在ではなく、早朝にクルマで仕事先へ向かう際に沿道にあるユタカ交通の車庫で乗務員さんが洗車している姿を常に見ており、乗りものクラスタとしてはこの生活圏にある乗り物に興味を持つなという方が無理な相談である。

半ば不本意な選択になったなと思う一方で、常々自分の生活圏で見てきたツアーバスがどんなものなのかを確かめる、いい機会が訪れたと思い乗車することにした。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121143132j:plain

 

【博多駅~佐波川SA】

博多発のツアーバスの「集合場所」としてはお馴染みの

f:id:tabisuru_sumiya:20180121143340j:plain

カフェの「BUS STOP」である。このバスに乗った時もここに集合したが、今から乗る「ユタカライナー」もここが集合場所に指定されている。特にバス待ちの客に店で何か特典がある訳ではないのだが、ツアーバスのバス停というと時として辺鄙なところにある事が多いので、こうして風雨をしのげる場所があるというのはありがたい。22時35分、

「23時発の神戸、大阪、京都行きを予約されているお客様は整理券を配りまーす」

と唐突に店の出入口にいた係員から案内があった。行ってみると

「お名前を頂けますか?」

と聞かれ答えると名簿をなぞり確認していた。そして整理券を貰う。なるほどこれを以て改札としているようだ。コンビニで決済した時に乗車券が出てこずに「払い込み証明書」だけが出てきた理由がやっとわかったような気がした。

徒歩1分とかからない場所にバス停はあったがそこは西鉄バスの「合同庁舎前」バス停・・・と、その隣に「博多駅筑紫口」と書かれたもう一つのバス停があった。これがツアーバス専用のバス停という事か。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121144224j:plain

見慣れたユタカ交通のカラーの観光バスが客扱いをしており「すわ乗車開始か」と思ったが、どうやら10分前に出る別の便だったようだ。それにしても観光バスとは言え自分の生活圏でよく見かけるバスを見ると、路線・観光関係なしに何やらホッとする。

客扱いを済ませ少し前に動いたのでふと振り返ると、

f:id:tabisuru_sumiya:20180121144516j:plain

今夜の宿である「ユタカライナー」関西長崎1号車が滑り込んできた。便名が示しているようにこの路線は佐世保が始発である。ゆえに乗り込むとすでに両手に少し足らない程度の客が乗っていた。高速路線バスであれば運行会社のエリアが絡むので佐世保~大阪、福岡~大阪と2本で設定されるところだが、大阪の観光バス会社という事もあってか路線設定はかなり融通無碍だなと思った。

公式サイトで3列シートで運行とあったのでどこかのお古なのかなと思ったら、

f:id:tabisuru_sumiya:20180121145014j:plain

結構小ぎれいなシートが並んでいた。エアロエースの路線純正仕様のようであり中古のくたびれたシートを予想していただけにちょっとびっくりした。また車内には

f:id:tabisuru_sumiya:20180121145152j:plain

仕切りカーテンが装備されており、ツアーバスと言えどかつて運行されていた「ムーンライト号」を彷彿とさせるような設えに侮れないものを感じた。そして昨今の夜行バスでは標準装備になりつつあるUSBコンセントもついており、出入口のサービスボックスの上には使い捨てのアイマスクも置いてあった。

ツアーバスといいつつも中身は相当「路線」を意識したものになっており、ここまでやるのだったら路線免許でやればよいのに、と思わないではなかったが・・・

 ここで窓際・B席共に数席残して発車。ビル街を抜け堅粕ランプから都市高速に乗った。発車直後の案内は自動音声によるものだったがそれが終わると乗務員さんから

「改めてご案内します。トイレは中央寄りにございます・・・」

とあってまずまずの丁寧さ。そして

「途中何ヶ所かでお客様の休憩場所をお取りします。発車時間をお知らせしますので必ず時間までにお戻りください。戻られない場合は途中下車したものと判断し発車致します

となかなか厳しめの案内。いや、厳しいというよりはこれは利用する側のモラルの問題であって乗客が守るべきルールである。ツアーバスはもとより「路線」でももっと徹底したほうが良い案内だと思う。と、色々感心していたら

「車内での飲酒は御遠慮下さい」

のひとことにドキっとした。実は博多駅近くのコンビニで酎ハイを仕入れており、動き出してから夜景をサカナに飲もうと思っていたのだ。あーあ、自宅まで持って帰るハメになったか・・・「路線」ではあまり聞かない注意事項だが以前乗った便もその案内があったなと思い出した。ツアーバス共通の案内なのだろうか。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121152510j:plain

23時10分、福岡インターから九州道へ。ツアーバスだからといって特段変わったルートを走る訳でもなくこのあたりは「路線」となんら変わりはない。そして5分後に消灯。考えてみれば長崎からの乗車組は19時台から居る訳で、いいかげん早く寝たいところであろう。

「路線」はいつのまにか巡航速度に達していた、という感じなのに対しツアーバスはメリハリのある加速と巡航を繰り返しており、「路線」に乗り慣れたカラダにはなかなか面白いフィーリングを体感できる。人によっては「飛ばしている」と思うだろうが流れへの乗り方は会社によってさまざまであろうから、安全に走っている限りにおいてはそれについてとやかく言うのはよそう。

日付が変わる直前に関門橋を渡り本州入り。うとうとしていたら減速する気配。特に案内はなく山陽道の佐波川SAで今夜最後の休憩になった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121153920j:plain

色々とカットを撮っていたら、同じユタカライナーのカラーリングをしたエアロエースが2台やってきた。この便の続行なのかそれとも別の場所から来たのかは不明。ちょっと覗いてみたくなったが寒さに負けてトイレを済ませるとさっさと車内へ退散した。

出入口には、

f:id:tabisuru_sumiya:20180121154143j:plain

上り便と下り便の時刻が一緒に掲載されたものがあり、その下には

f:id:tabisuru_sumiya:20180121154322j:plain

発車時刻を表示したものが置かれていた。最初は西武の夜行路線あたりで見かけたこのシステムだが、その後JRバスでも見られるようになり今やツアーバスでも出回るようになったようで、必要不可欠な存在になっているのだろう。

自席に戻り仕切りカーテンを引いて「寝る体制」に入る。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121155519j:plain

まあこのあたりはセルフでも構わないと思う。「路線」であれば乗務員さんが引きに回ってくるところだが、運賃の事を考えれば客ができることはやったほうが、乗務員にも乗客にも心に負担を感じなくてよいだろう。

客が「出発時間を厳守」したようで1時過ぎに発車。

 

【明石SA~京都駅】

強烈に眠かったが停まった気配を感じたので、寝ぼけまなこで携帯の地図を見ると福山SAに停まっていた。時刻は失念した・・・

そしてまだその眠さの残っている中、再び停まった気配を感じたので今度は何処だ?と思うとドアが開き通路の予備灯が点いた。どうやら朝の休憩のようである。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121155153j:plain

見慣れた看板だなと思ったら第二神明の明石SAだった。そういえば昨夜の案内でも

「山陽道工事による通行止めのため迂回します」

とあった。中国道へ迂回するのかなと思ったが、まさかの第二神明経由とは驚いた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121155442j:plain

ここで数人が降りて売店の方へ向かった。昨夜の佐波川みたいにまたユタカライナー同士が並ぶのかな・・・と思ったがそれは無く5時35分、発車。

昼間は渋滞の多い第二神明もこの時間はさすがに空いていて、10分ちょっとで須磨料金所に着き阪神高速神戸線へ。京橋ランプで降りて見慣れたビル街を抜け元町駅に出ると右折し

f:id:tabisuru_sumiya:20180121160116j:plain

待機中の関空リムジンや同着のウィラーエクスプレスとランデブーしながら最初の降車地・神戸三宮高架商店街前に着いた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121160308j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20180121160555j:plain

時刻は6時過ぎ。とてつもなく変な時間でもなく夜行バスとしてはまずまず良い時間設定だろう。ただ今の時期(11月下旬)はまだまだ暗く、心理的に動くのが億劫な感じなのは否めないか。3人ほどが下車した。客扱いが終わると再び消灯。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121160708j:plain

フラワーロードを南下し京橋ランプへ・・・と思ったら阪神高速をくぐり左折。コースとしてはハーバーハイウェイへ入って行くルートになる。このあたりのコース選定は各社ともに色々と考えるところがあるようで、乗り物クラスタとしては非常に興味深い。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121161020j:plain

摩耶、六甲山の山の端がはっきり見え空が茜色に染まりだした頃、阪神高速湾岸線へ。ここでもキビキビした走りを見せ、

f:id:tabisuru_sumiya:20180121161151j:plain

気が付いたら尼崎の湾岸地帯まで来ていた。この朝の風景だけは夜行と名の付くものに乗ってきた者だけが見れる「ご褒美」だ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121161324j:plain

個人的には淀川を渡る際に見れるこの風景が最高の「ご褒美」だと思っている。

その淀川を渡ると淀川左岸線という新しい阪神高速に入った。ここは初めて通るのでどんな感じかと思ったがひたすらトンネルばかりで少し残念。此花区の住宅密集地を避けて神戸線までバイパスする役目があるようで、ちょうど首都高速の山手トンネルみたいな役割をしているようだ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121161834j:plain

大開ランプで高速を出て北港通へ。もうすっかり明るくなっていた。福島西通で左折しあみだ池筋へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121162034j:plain

大淀界隈をぐるっと迂回するように回って中津へ。阪急電車と並走しほどなく大阪梅田の降車地・プラザモータープールに到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121162218j:plain

バックで所定の位置にクルマを収めて客扱い。ここで数人が降りた。もっとツアーバスがいるかと思ったがご覧のように3台だけで意外と閑散としていた。オフシーズンの時はこんなものか。

7時前、ドアが閉まり再び消灯。もうこんなに外は明るいし寝る時間でもないだろうに・・・と思ったが周りではまだ数人が毛布にくるまっていたので、それなりに「需要」はあるということなのだろう。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121162703j:plain

阪神高速には入らず御堂筋をひたすら南下し中央大通で左折。どこへ行くのかと思ったら阿波座であみだ池筋に入り千日前通へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121163443j:plain

「お疲れ様でした。難波到着です」

の案内と共になんばHatchの駐車場へ滑りこんだ。ここってFM大阪のラジオ局では・・・と思ったが、どうやらラジオ局以外に音楽関係のイベントができる多目的ホールのような施設も併設しているようだ。そんなところにバス停があるとは正直驚きである。もっともなんばの地下街を通れば、地下鉄・JRとのアクセスはさほど遠くないので使えないことはないのだが、運行エリアに縛られる「路線」とは一味違う設定ができるというのがツアーバスの強みか。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121163456j:plain

何処始発かは判らないが、同じ「ユタカライナー」が少し遅れて滑り込んできた。

客扱いが終わり再び消灯。運行中の消灯はもはや「仕様」という事か・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20180121163418j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20180121163612j:plain

湊町ランプから高速に入ったので、あとは豊中南まで登って名神だろうな・・・と思っていたら出入橋ランプ手前のJCTで右側へ。環状線経由で守口線に入ると今度は守口で近畿道へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121163813j:plain

この守口線~近畿道の連絡路も最近できたもので、意外なルートで東へ向かうものだなと驚いた。

第二京阪に入り、もう終点は目前だなと思ったら

「最後の休憩を取ります」

と案内があって滑り込んだのが京田辺PAだった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121164043j:plain

昨夜の案内では深夜と早朝に1回ずつの休憩を取ると聞いていたが、乗務員さんの弁だと

「スムーズに来れたので時間調整を兼ねての休憩です」

との事。「路線」でも早着はままあることだし、ツアーバスならば未明に終点に着くなんてこともよく聞く話だが、到着時刻を意識するツアーバスというのは初めて見たような気がする。

結局7時55分から8時22分までと30分近く停まって、これまでの休憩地の中で最長の停車時間となった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121164627j:plain

本線に戻ると茫洋とした京都平野が出迎えてくれた。もう夜行バスに乗っているというよりは、車内が暗めの昼行バスに乗ってる趣がある。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121164809j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20180121164819j:plain

巨椋池から阪神高速京都線に入り、鴨川西ランプで降りた。いつも見るコテコテの京都市内の渋滞よりはやや大人しめの混雑の中を京都駅方向へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121165052j:plain

終点の京都駅八条口の観光バス駐車場には8時46分に着いた。阪神高速と市内の渋滞に巻き込まれたものの、出入口の看板に書かれていた到着時刻よりも数分早めだった。

 

【エピローグ】

チケットの発券方式や停留所の設定等でこの便がツアーバスであることは明白である一方、「路線」を意識したアコモや乗務員さんの接遇等を見る限りは「路線バス」であってもおかしくないし、質としてはやや高めの部類に入る。大阪~福岡間には比較的多くのツアーバスが設定されており、それらにも実乗してみてからでないとユタカライナーのレベルがどのあたりにあるのかは判らない。が、「路線」を意識しているこの事業者の姿勢は買うべきだろうし、大阪~福岡間に「路線」の夜行バスが皆無な現時点においてはユタカライナーのレベルは、代替し得る存在に近いものと思われる。

f:id:tabisuru_sumiya:20180121192304j:plain

(2017年11月27日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会