旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

よさこい号 大阪~高知 阪急バス

写真のストックとtwilogから・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171102223643j:plain

【概要】

路線名:よさこい号

運行会社:阪急バス

使用車両:三菱ふそうエアロクィーン(西工02MC)

 

【行程】

22時20分 大阪梅田阪急三番街バスセンターを発車

22時30分 ハービス大阪を発車

23時05分 宝塚駅を発車

23時32分 岡場駅を発車

23時50分 淡河PAで休憩(0時まで)

5時00分 南国SAで休憩(5時08分頃まで)

5時25分 高知駅バスターミナルに到着

 

阪神高速池田線~中国道~六甲北有料~山陽道~(推定:神戸淡路鳴門道~高松道~県道~徳島道)~高知道

 

【旅程】

夜の阪急三番街バスセンターは「時間泥棒」です。ひと頃より路線は減ったとは言え正月の多客期とあって普段は見れない観光車が続々と・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171102223658j:plain

高知行きは池袋行きと一緒に入線。

車内は半分も埋まりませんでした・・・さっきまで見てた観光車から続々と降りてくる客数からすれば寂しい限りですが。

 

梅田を出るとハービス大阪でも客扱い。阪神の牙城に停まるとは時代も変わったんですね・・・

阪神高速を経て中国池田から中国道へ。しかしすぐの宝塚ICで降りて国道176号を西へ・・・そして宝塚駅に停車。宝塚インターではなく駅まで行くというのが、かつての「阪急高速バス」を知る者からすればハービス停車と同様に「ありえない」事ですね。

再び中国道に戻り、そしてまた次の西宮北ICで高速を降りて県道を坦々と・・・そして停まったのが神戸電鉄の岡場駅のバスターミナル。23時もかなり過ぎて人っ子一人としていません。宝塚同様に客はなくそのまま発車。

県道をウロウロして吉尾から六甲北有料に入り、神戸北へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171102223713j:plain

淡河PAで今夜最後の休憩。宝塚を出たあたりから降り始めた雪はここにきて結構積もるまでに・・・

出発すると速攻で寝落ち。多分どこかで時間調整をしたと思いますがそんな気配も感じませんでした。

f:id:tabisuru_sumiya:20171102223727j:plain

「おはようございます。高知道の南国SAです。ここで休憩とします・・・」

アナウンスで目が覚めて外へ・・・雪は無いしこころなしか風もあまり冷たくなく、さすが南国と一人合点。

f:id:tabisuru_sumiya:20171102223736j:plain

定刻より少し早めに高知駅バスターミナルに到着。

 

【印象】

「よさこい号」の夜行便はかつては千里中央・宝塚IC・西宮北ICと基本的に高速道路上のバス停を経由していたのですが、最近では【旅程】に書いたように高速道路上のバス停ではなく高速道路沿線の町の中にまで入り込んでくるようになったのが大きな特徴です。

同区間にはJRバスの路線が競合していることから、「民鉄系」の広範囲なエリアを強みとしてその地区の代表的なターミナルに乗り入れて「差別化」を図っているのかもしれませんね。

(2015年1月2日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会