旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

1便 りつりん2 三宮新港~高松東港 ジャンボフェリー

5月4日0時過ぎ、三ノ宮に着いた新快速を降りてフラワーロードをひたすら南下。僕が生まれた街だけど、深夜にこんなトコロを歩いた記憶は数えるほど。20分ほど歩いて着いた先は

f:id:tabisuru_sumiya:20171105073955j:plain
ジャンボフェリーの三宮新港ターミナル。玄関の前に屋台のようなものが出ていたので夜食でも売っているのかと思ったけど、よく見たら乗船名簿を書く台が並べてあるだけだった。残念。
ターミナル内は、当然というか行列が出来ておりむせ返っていた。帰省客、はたまた輪行の二人連れ、大家族連れ・・・1800円ほどで高松まで寝ていけるのだから人気が高いのも当然ですね。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105074009j:plain

今夜の宿は「りつりん2」。フェリーそのものはすでに着いてましたが、船内清掃やら折り返しの整備やらで結構待たされ乗船したのは0時40分頃。行列の後ろの方だったので当然席はなく(桟敷もリクライニング席も)

f:id:tabisuru_sumiya:20171105074021j:plain

あったのは何とゴザ席。客室前に何箇所か設けられていたのだが迷ってるヒマは無くさっさと荷物を置いて寝そべられるスペースを確保。ゴザ席なんて船に乗って初めてだなぁ・・・


5分ほど遅れて出港。カラダが極限まで疲れていたのと、荷物を置いているので離れるのも不安だし何よりも「席が無くなるのでは」という不安が大きかったので、思い切ってゴロリと寝そべった。夜行便ですが売店は開いており、うどんスタンドも盛況でした。ゴザ席がうどんスタンドに近いというのも「拷問」に近いものでして、ダシのいい香りがここまで来るのが何とも・・・携帯ををいじっているうちに眠気が一気に襲ってきたのでこれ幸いと就寝体制に入ったのは言うまでもありません。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20171105074034j:plain

ジャンボフェリーのテーマソングで目が覚めるとすでに高松港の外。もう席に未練は無いと荷物を持って舷側で白んできた空を見ていたら屋島がくっきりと見えました。甲板で所在なげにしている客もチラホラいたのですが、ちゃんと横になって寝れたのでしょうか・・・
「まもなく高松港に入港します」という自動放送があってダイナミックな回頭運転を披露し接岸。ほぼ定刻に到着しました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105074047j:plain

降りた先の連絡バス(無料)がいつのまにか日デの7Eになってたのが発見でした(以前は5Eも居たはず・・・


大橋開通で何度と無く廃止の噂が取りざたされているジャンボフェリーですが、土俵際で高速バス・マイカー相手に色々な施策で突っ張って「どっこい生きている」といった感じでなにより、といったところでしょうか。ゴザ席というのもそんなに悪くなかったなぁ(色々割り切れれば、の話ですが。
(2011年5月4日乗船)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会