炭屋さんの「乗ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

ぷろじぇくと・バス停(バス停の写真を取り上げています)
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます

■このブログについて(Policy)
本ブログの編集方針としては、「路線データ」と「乗車記」をメインとし、あくまでレポが記事の中心となるよう心掛けています
「Localstagram」はキャプションなしで掲載した1点モノの写真帳として構成しています

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)
1/1~3/31までは管理人業務繁忙期間のため更新は休止とします(その他ネタ枯渇時も臨時休止いたします)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

京阪バス 31系統

【路線データ】

  • 事業者:京阪バス
  • 路線名:31系統
  • 車両型:日野レインボー
  • 路線型:一般路線バス(フィーダー型)
  • 乗車日:平成29年12月3日
  • 乗車区間:石山団地~石山駅

【乗車記】

先程乗ってきた1系統を終点で降りて、さて石山以外のところへ行けるのかとなればそういった路線はほとんどありませんでした(南郷方面には行けるようですが・・・)。で、止む無く元来た道を戻ることにしましたが、少しでも違うものを体験したいという乗り物クラスタの性が働き、今度は別ルートを行くこの系統にて石山へ戻る事にしました。

バス停から程なく登ったところで待機していた、先程の1系統のバスがやってきました。

f:id:tabisuru_sumiya:20180126062919j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20180126062750j:plain

幕は「31 石山駅」になっており、バス停にあった路線図からどうやら先程のルートからは離れたところを走るようです。3人ほどが乗り込み9時半過ぎに発車。石山駅を出た時に比べて刺すような日差しが柔らかな感じになってきたような気がします。

石山団地中央の手前で31系統の幕を出した僚車とスライド。1系統が31系統になったという事はこのバスも今度石山団地を出るときは1系統になる、という事なのでしょうか。

f:id:tabisuru_sumiya:20180126063135j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20180126063606j:plain

団地を抜け大平の交差点を左へ曲がり瀬田川へは向かわず、丘陵地帯の緩い坂に挑む。「大津車庫」というバス停を過ぎて、石山地区の京阪バスの「基地」を発見。日曜という事もあってダイヤに余裕があるのか待機しているバスは多めでした。やや走ってこんなバス停で停車。

f:id:tabisuru_sumiya:20180126063738j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20180126064318j:plain

御本尊が仏様なのか、神様なのか、よくわからないお寺ですね・・・この2つを掛け合わせたハイブリッドな寺という事でしょうか。

このバス停から先は谷を下るかのように急な坂を下っていきます。その沿道は戸建ての住宅地といった風情になり、先程の石山団地をはまた違った団地街に入ったようです。晴嵐学校前付近で新幹線を跨ぎ、宮ノ前で右折。携帯の地図で見るとここで一気に先程1系統で乗ってきたルートへ合流するようです。この周りだけは古くからの商店がちらほら残る、よい雰囲気を残しています。

唐橋前を過ぎ、あと石山駅まではわずか道程になりました。

f:id:tabisuru_sumiya:20180126064627j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20180126064801j:plain

近江鉄道バスとスライド。滋賀県の事業者ではありますが石山駅付近の路線はやや少なめで、やはり本拠地は東側の草津や近江八幡なのでしょう。

9時46分、石山駅に到着。15分ほどのショートトリップの車窓は意外にも充実していました。

(令和元年5月16日記事構成変更)

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん