旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ANA3822便(SFJ22便) 関西/羽田 スターフライヤー

余裕を持たせ過ぎて関西空港のセキュリティを済ませたはいいものの、本当に手持無沙汰。ちょうどいい具合にゲート近くにコンセントがあったので携帯を充電しつつ、なんとなくエグゼクティブを装いつつあたりを観察・・・してましたがやっぱり飽きました。
出発の30分ちょい前くらいに乗る飛行機が到着

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235129j:plain
はい。「黒塗りの飛行機」です。
ANAのサイトから予約したのですが、4ケタの便名はだいたい「共同運航便」なんですよね。この便ならばスターフライヤーが担当します。もっともANAサイトで予約して航空券の券面では「ANA3822便」って出てるのに「青い飛行機じゃない!」って戸惑う人がいるかもしれませんが。

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235147j:plain

折り返しの整備が済んだようで、ANAの搭乗順序に準じた「プレミアムカード」からの優先搭乗開始。飛行機が小さいためか、さほど待たずに平カード使いも搭乗が始まりました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235201j:plain

内装はごく普通の感じでしたが、シートが革張りの真っ黒なものでした。エコノミーゆえの幅の狭さは致し方ないとしても前後のピッチは想像していたほど狭くはなく観光バスと同じくらいかな。フォロワーさんから「ANA以外のYで乗るんだったらSFJだよ」とのお薦めを頂いてましたが確かにシートの質感は高かったです。


ほぼ定刻にブロックアウト。タキシングもさほどせずにほどなく離陸。関空離陸の標準経路よろしく一旦北へ飛び上がって大阪湾の上でくるっと180度回って関空上空をパスして東へ転進。そのまま金剛山脈を越えてひたすら東へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235213j:plain

スターフライヤーのYシートでやはり目を引くのはこのモニター。
AV関係の機器が付くクラスって航空会社の多くはY以外のクラスというのが多いのですが、Yしかないスターフライヤーでは当たり前のように全席に装備されていて度肝を抜かれました。
離陸してほどなく利用が可能になり、衛星放送の録画したものが流れていました。今回乗ったタイプは一世代前のようで操作案内でいくつか実際のものとは異なっていました。言い換えれば最新のやつに乗せようとするステマをされてるみたいで・・・上手い商売をしているなぁと感心しました。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235224j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235233j:plain

あるFLまではガタピシ揺れましたが、伊勢湾あたりに出る頃までには静かになり、CAさんからコーヒーとチョコを貰いました。コーヒー以外にも色々と飲み物はあるそうですがついチョコにつられて・・・ビターな味のチョコは熱いコーヒーによく合いました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235243j:plain

ナビ画面にするとこんな感じです。飛行機が大きくてあまり細かいところは判らないな・・・と思ったらちゃんと次のページで縮尺を適当なものにした地図が出てきてフォローはしていました。


雲の中でディセンド(降下)を始めたのでもう関東に入ったのかどうかが分からないまま、気が付いたら城南島が眼下にあってほどなく羽田空港に着陸。

f:id:tabisuru_sumiya:20171107235254j:plain

A滑走路に降りたらしく、関空以上にタキシングしてゲート到着。

* * * *

JALやANAのような大手でもなく、PeachやジェットスターのようなLCCでもない、いわばスカイマーク的な立ち位置にいるように思われますがあまり路線を広げず、一定の「思想」を持って運営されてるのは今回の搭乗でも感じました。
今ある路線と機材をブラッシュアップして次の展開に期待を持たせる、そんなキャリアじゃないでしょうか。
(平成29年1月20日搭乗)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会