炭屋さんの「乗ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

■このブログについて(Policy)
・原則として基本的に乗った時に書いています
・後日に書いたものはその旨をタグ(Archive)にてお知らせします
・2018年以前の記事は基本的にArchiveとします

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■こちらもよろしくです・・・
行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています) 炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
行くぜ、側線。 (側線やら引上線あたりを訪問したら書いています) facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの「行ってみました」(趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

大分バス SORIN号

【路線データ】

  • 事業者:大分バス
  • 路線名:SORIN号
  • 車両型:三菱ふそうエアロエース
  • 路線型:夜行高速路線バス
  • 乗車日:平成29年9月21日
  • 乗車区間:大阪駅前~別府北浜

【乗車記】

f:id:tabisuru_sumiya:20190507200131j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20190507200141j:plain

いきなりの客先からの出張要請で出発。行先は福岡でしたがこんな機会でもないと乗れないと思って大分回りをチョイス。

趣味であれば始発から乗る主義ではありますが、仕事なので使いやすい大阪駅前から乗車。先客もチラホラ。

「この先、神戸から5名のお客様がご乗車の予定です・・・」

大阪駅前発車時点でこういう案内があったものの、実際はミント神戸(三宮BT)からの乗車は5名・・・新神戸トンネル~阪神高速北神戸線~布施畑ランプ~神戸淡路鳴門道~三木JCTから山陽道へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20190507200200j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20190507200209j:plain

てっきり途中休憩は諸設備が充実している三木SAだと思ってただけに、権現湖PAでの休憩は意外でした。確かにこちらの方が車も少なく落ち着くのではありますが・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20190507200150j:plain

仕切りカーテンも最近ではだいぶ広まったようで乗務員さんも

「使い方が判らなければおっしゃって下さい・・・」

と見て回っているものの、客の方が手馴れているようでさっさとカーテンを広げて使っていたのが印象的でした。

この後、宮島SAでも停車したようですが寝ぼけまなこで、明るさを感じて今度はしっかり目が覚めたのはどこかの料金所を通過しているところ・・・ナビで確認すると椎田道路の料金所でした。

6時27分、国道10号の道の駅「豊前おこしかけ」に入って停車。

「おはようございます。未明の中国道工事渋滞等で30分ほど遅れております。本来でしたらここは乗務員交替後すぐに発車するのですが、せっかくですのでここで朝の休憩にしたいと思います・・・」

思わぬ臨時休憩にありつけたので、トイレでさっさと着替え仕事の準備。

f:id:tabisuru_sumiya:20190507200220j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20190507200229j:plain

この休憩の後あちこちでカーテンが開きはじめ、7時過ぎに中津サンライズホテル前に到着。市街地を通り抜けるためどうしてもラッシュ時のノロノロ運転になりましたが致し方なし。

f:id:tabisuru_sumiya:20190507200237j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20190507200244j:plain

宇佐宝鏡寺は降車なくそのまま通過。高速にも入らずにそのまま国道10号へ・・・一般車なら遅れてると見るや高速へ乗ってしまうところですが、定期路線バスはそうもいかないのですね・・・結局40分遅れで別府北浜へ到着しました。

 (令和元年5月7日記事構成変更)

 

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん