炭屋さんの「乗ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

■このブログについて(Policy)
・原則として基本的に乗った時に書いています
・後日に書いたものはその旨をタグ(Archive)にてお知らせします
・2018年以前の記事は基本的にArchiveとします

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■こちらもよろしくです・・・
行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています) 炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
行くぜ、側線。 (側線やら引上線あたりを訪問したら書いています) facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの「行ってみました」(趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

南国交通 エアポートシャトル

【路線データ】

  • 事業者:南国交通
  • 路線名:エアポートシャトル
  • 車両型:日野レインボー
  • 路線型:空港リムジンバス
  • 乗車日:平成23年6月28日
  • 乗車区間:川内大小路~鹿児島空港

【乗車記】

川内市内で所用を済ませアーケード街をぶらついたり、上川内に行こうとして間違えて東郷方面行きのいわさきBNの路線バスに乗って大いに焦ってみたりして時間を潰し「大小路」というバス停へ。
何本かのバスをやり過ごしやって来たのが南国交通の「エアポートシャトル」鹿児島空港行きで、これに乗りました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105202957j:plain

大型車は大型車なのですが、車種は日野のレインボーRRタイプ。車内に入ってみるとヲタ席は取り外されバゲッジスペースになってたり、パイプイスなのかなと思ったらちゃんとリクライニングシートが並んでいたりと・・・南国交通の空港連絡車ってセレガ等しか見慣れてないだけにかなり新鮮に感じました。
11時15分、発車すると川内川を渡りアーケード街を通り川内駅へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105203012j:plain

ここで1人乗車。駅横の県道に入り山に向かって走っていくと、ほどなく永利入口というバス停に近づきますが乗車ゼロ。田んぼの4つ角にある「ねれ北」(実際は漢字で書いてありましたが失念)も乗車がなくそのままスルー。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105203025j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171105203040j:plain

温泉の多い北薩地区でも「名湯」と言われている市比野温泉では停車したものの、バスの後ろに並んでいた普通車を先に通すために停まっただけで乗車は無し。ここから空港まで乗降フリーになり空港連絡バスでもあり藺牟田・姶良地区の路線バスにもなるのですが・・・

比較的山間を縫うように走ってきたのが、パッと開け入来の集落へ。ここからは南東に進むようになり藺牟田温泉へ。さらに南下し姶良(蒲生)へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105203055j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171105203109j:plain

姶良インターから九州道に乗り、走りはようやく「空港特急」らしくなりました。が、車内はさっぱりで結局、大小路からの僕と川内駅から1人の計2人。最後の停留所・高速帖佐も乗降ゼロでした・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171105203126j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171105203138j:plain

終点・鹿児島空港には定刻より数分早い12時半前に到着。SUNQパスで降りるのが少し気が引ける乗車率でしたが、無機質になりがちな空港連絡バスとしては車両的にも、車窓的にも大変面白かった路線だったように思います。


余談:降車後に乗ってきたバスの後方に水俣行きが停まっていましたが、この路線も同じ日野レインボーRRを使っていたので、南国交通の北薩向け路線としてポピュラーな存在なのかも知れません。

(令和元年5月23日記事構成変更)

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん