旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

95系統 神戸駅~新長田駅~神戸駅 神戸市交通局

【プロローグ】

僕は神戸生まれで、神戸の市バスには随分馴染みがあると思っていたのだが、神戸駅より西の路線というものに頓と縁がないことにある日気づいた。それに馴染みのあった頃からすれば今の路線体系はずいぶん変わってしまっている。このあたりでおさらい、という訳ではないが神戸駅よりも西の路線に触れてみたくなったので、とりあえず乗りやすそうな95系統を選んでみた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202524j:plain

【神戸駅~新長田駅】

阪急電車で高速神戸に出て、地下街をずっと歩き神戸市バスのターミナルに上がってくるとちょうど95系統が入線してきた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202541j:plain

一番前の席を確保し出発までまったりしていたが、乗ってくる客はまばらでちょっと寂しい。直通客ならばJRに乗れば新長田あたりは10分もあれば着くのだから市バスという選択肢はない。15時17分、発車。

ターミナルを出て大開通りに出るとほどなく新開地。ここでどっと乗り込んできて立ち客も・・・とりあえず賑やかになってホッとする。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202610j:plain

新開地からはダイレクトに兵庫駅方面に向かい、駅手前で高架をくぐる。ここまで来たのなら兵庫駅に寄れば・・・と思ったがあくまでこの系統は神戸駅~松原地区~新長田・須磨東部を循環するのが主な使命という事なのだろう。

国道2号を横断し、いよいよ松原地区へ。その中心となる松原通5丁目には15時半に到着。すぐ横は神戸市交通局の松原営業所だ。運行の拠点でもあるバス停だから利用もさぞ・・・と思ったがこの時間帯はそうでもなかったようで1分の時間調整のちに淡々と出発した。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202628j:plain

国道2号線に戻り逆光の中、和田岬線を越えると東尻池で右折。逆時計回りでこれから長田~須磨東部を回る。こざっぱりした御蔵菅原を過ぎ15時39分に長田の中心地、長田神社前に到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202642j:plain

ここまでパラパラと降車はあったが乗ってきたのはこのバス停が久しぶりだった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202653j:plain

地下化された西代駅も、地上駅時代を知るものにとってはまだ新駅のような感覚がある。ここで地上時代の線路跡をなぞるように板宿方面へ・・・と思ったのもつかの間、山下通1丁目で鋭角に左折。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202712j:plain

妙なところで曲がるものだと思ったがあとはまっすぐ進むだけでじきに新長田の市街地が見えてきた。それと同時に西代と新長田がこんなにも近かったのかと、40年以上もたってしまったが認識を新たにした。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202721j:plain

【新長田駅~神戸駅】

新長田はターミナル、というほどではないが系統は集中しており須磨や板宿、妙法寺へ向かう路線のほか遠くひよどり台方面に行く路線も発着する。それだけにバスの集中も多く出発数分前に板宿方面からのバスが客扱い終了後に追い抜いていった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202734j:plain

15時49分、新長田を発車。ほどなく国道2号線に戻った。乗用車がビュンビュン飛ばす中、95系統は泰然と走行車線を40キロ台でゆったりと・・・阪神高速の高架下でずっと覆いが頭上にかぶさっているのだから人によってはうっとおしい思いをしているかもしれないが、個人的にはここ以上に都会的な雰囲気はないのではと思っている。左右はビルやマンション、頭上は高速道路と四方八方を人工物に覆われてそこを無表情に進むバスというシチュエーションは、どことなくサイケな感じがする。閑話休題。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202814j:plain

東尻池の交差点を直進し循環運転終了。再び和田岬線を越えて松原地区へ入った。15時59分、松原通5。行き同様に1分の時間調整停車があった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202838j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202853j:plain

あとは元来た道を丹念にたどり新開地で半分ほどが降車。ここから先は神戸駅へ向かうバスが競争でもしているかの如く並び、道を譲ったり追い抜いたりしていた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180412202906j:plain

16時17分、終点の(というか起点の)神戸駅に到着。片手よりは少し多いくらいの客が降りて行った。

【エピローグ】

神戸市バスの循環系統に乗ったのは久しぶりで、循環路線ならではの楽しみとしてどこで元来た道に戻るのだろうという期待感がある。95系統もまさにそうした期待感を持たせる路線だった。循環区間を通しで乗る客がいないのは当たり前として、松原~新長田、大橋~神戸駅という具合に意外と長距離を乗る客がいるというのは特筆すべき点なのかもしれない。

震災、海岸線開業、それに伴う路線整理・・・神戸市バスも変化を余儀なくされており95系統もそうした変化の中の産物を言われている(85系統廃止にともなう再編で開設)

次の変化はしばらく先かもしれないが、少なくなりつつある循環系統として末永い運行を期待したい。

(平成29年12月17日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会