旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

101系統 清和台営業所~平野 阪急バス

【プロローグ】

他所のところの乗車レポばかりを上げてる炭屋。そういえば炭屋の地元にバスはないのか?という声が聞こえなくもないような気がするので・・・炭屋の地元は基本的に「住宅地~駅」という流れなのでこの2点間を最短で結ぶルートが「本流」となる。が、これから紹介するレポは決してこういった「本流」にはなれない路線である。

f:id:tabisuru_sumiya:20180410193933j:plain

【清和台営業所~平野】

その路線の系統名は101系統。乗車地は清和台営業所で終点は能勢電鉄の平野駅に隣接するターミナルである。駅と接続するのなら乗車率はよいのではないか・・・という声が聞こえそうだが、清和台からの客の流れは基本的に阪急電鉄宝塚線の川西能勢口駅へ向かう。大阪へ向かおうとする客が平野を経由すると、川西能勢口での乗り換えが必須であることと、能勢電鉄の運賃がかかる。そして何よりも運行本数の差で川西能勢口へ向かう1系統グループはほぼ6本/時。対して平野へ向かう101系統は平均して毎時1本。便がない時間帯もある。どちらがフトコロに優しく便利かは言わずもがなである・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20180410195927j:plain

10時53分、入線。この便は日野ブルーリボンだった。基本大型車で入る系統である。55分に発車。僕とあと1人が乗り込んだ。

清和台中央を過ぎて、清和台南発車時点で5人・・・この時点で清和台の住民が平野へ向かう日中の流れは(先述したように)限定的なものであると言える。

けやき坂口を過ぎて右折。このままけやき坂の住宅地へ突っ込むのか・・・と思ったら転回場へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180410195953j:plain

ここでぐるりと一周しけやき坂1丁目。この住宅地の入口での利便性に供している訳だがこの日は乗降はなし・・・

県道(川西猪名川線)には戻らず、脇道へ入り猪名川沿いの旧道へ。現行の県道が未開通時代の1系統はこのまま猪名川沿いを進み能勢電と交差し滝山、火打を通って川西能勢口へ向かっておりそれなりに賑わっていたが・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20180410200009j:plain

多田大橋を過ぎ猪名川を渡り、緑台へのアプローチとなる急勾配をジリジリと登っていく。このあたりからぽつぽつと乗車があり、緑台1丁目では清和台からの客が2人下車。

f:id:tabisuru_sumiya:20180410200030j:plain

このようにまったく需要が無い訳ではないし、この便がなければこの地域の移動は不自由であることも確かなので毎時1本とは言え残っているのかもしれない。

緑台の商店街を過ぎ、ゆるゆると坂を下りもうすぐ国道173号と合流・・・といったところで右折し小さなターミナルに停車。11時13分、終点の平野に着いた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180410200043j:plain

【エピローグ】

県道川西猪名川線が旧道時代の狭隘な時は、1系統も定時性に不安があり確実性を求める客はこの101系統に乗り平野に出て、たとえ能勢電の運賃がかかっても大阪へ出るという時間を「読める」ルートを取るので清和台界隈でもそれなりに利用はあったが、現在ではレポしたように多田大橋あたりから東側(緑台地区)で能勢電へ乗り継いでいく客が取り込めればいい・・・という状況になっている。

今のままではいつ系統分断(平野~緑台)になってもおかしくない状態だと思われるが、何年ものダイヤ改正を乗り切って毎時1本になってもおそらく運行開始当初からの運行形態を維持しているのだろう。その理由を趣味者が1回乗っただけで理解するのは困難であるが全区間で利用がひとケタであっても、トータルで見れば公共交通として維持する必要性がある、という事なのかもしれない。それほどに公共交通というものが奥の深い「リアリスト」な存在なのかもしれない。

(平成29年12月15日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会