旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

1系統 西賀茂車庫前~出町柳駅前 京都市交通局

【プロローグ】

山科急行を乗り終えてまだ日が高い、ということで未乗だった京都市営の1系統に食指が動いた。個人的に1系統たるもの、その事業者の歴史を一身に背負い、メインルートを受け持っている・・・などという勝手な定義付けをしていたものだが、携帯で京都市営の路線図を見たら・・・てっきり京都駅付近から四条あたりを通るメインルートを走ってると思いきや、起点はなんと西賀茂車庫前・・・そして出町柳駅前が一応の終点なのだ。京都のメインストリートにはぜんぜん行かない。なんだか肩透かしを食らったような気分で地下鉄に乗り込み、他系統で西賀茂車庫へ向かった。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200806j:plain

【西賀茂車庫前~北大路バスターミナル】

始発となる西賀茂車庫前。「車庫前」とは謳っているが実質「西賀茂車庫」だ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200825j:plain

目の前には次の仕業に向けて休んでいる市バスがずらりと並ぶ。華やかさはなく、どちらかというと「現場色」の濃いターミナルであるが、私が着いた時にはもう4~5人が並んでいた。中には大きなスーツケースを引っ張ったアジア圏からの観光客もいる。こんな市街地から離れたところに何を見に・・・と思ったがここは京都。どれだけ市街から離れていようと見どころは事欠かない(上賀茂神社近し)

待合スペースにどんどん人が集まり、なんとなく手狭に感じ始めた13時10分頃、「1 出町柳駅」の幕を出したバスが滑り込んできた。ドアが開くと10人ほどが乗り込む。この1系統の前に京都駅行き(9系統)は件のスーツケース客を含めかなり多くの客を飲み込んで出発した。それからすれば1系統はやや分が悪い。本来ならば堀川通を驀進する9系統こそ1系統でよいのではないか・・・というのは趣味者の勝手な妄想か。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200855j:plain

郊外らしく住宅地であってもわずかな畑が散見される長閑な中、出発して2つ目の大宮総門口で早くも時間調整。日祝ダイヤは早着気味にどうしてもなるのだろう。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200909j:plain

玄琢下あたりは住宅の奥まったあたりに神社仏閣がひっそりと佇む、どちらかというと地元向けの風景だ。いずれはこういう所にも観光客がくるのだろうが・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200923j:plain

13時27分、千本北大路。ここからバスは南に向いていたのが北大路通に入って東へ向かう。よくある京都市内の郊外幹線風景が続く中、大徳寺前のバス停には客が鈴なり状態だったで。名刹である大徳寺最寄りという事もあってか、観光客がこれでもかと言わんばかりに押し寄せてきた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406200935j:plain

また近くには金閣寺という一大観光拠点が控えているという事もあって、すれ違うバスの車内もラッシュさながらの様相である。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201007j:plain

こちらも朝ラッシュの様相を呈しながら13時35分、市営地下鉄が接続する北大路バスターミナルに到着し、大徳寺前から乗り込んできた客を含めどっと降りていった。2停留所だけを挟んだ僅かな距離だけがラッシュというのもなんとなく奇異で、これだったら北大路バスターミナル~大徳寺間で完結する臨時バスを増発すれば儲かりそうな気がするが・・・これも趣味者の妄想か。

 

【北大路バスターミナル~出町柳駅前】

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201024j:plain

ターミナルを出てしばらく進むと鴨川を渡る。ガラガラ(といってもシートはほとんど埋まっていたが)の車内に映る水面はどこか長閑で、三条や四条で見る鴨川とはどこかしら違うものを感じた。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201036j:plain

洛北高校前から右折し下鴨本通りへ。京都市内でも1、2の広大な敷地を持つ下鴨神社前でまとまった降車があり市内でありながらローカルムードが漂う。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201047j:plain

何て読むのかアタマをひねった糺の森(ただすのもり)、そして鴨川に沿うように走り小さな橋を渡って葵橋西詰。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201116j:plain

橋や地名の名前ひとつひとつが京都の風情にマッチしており、これは他所がどれだけ真似ても敵わない。土地の歴史が地名の歴史であることを思い知らされる。

河原町今出川を左折し、鴨川沿いに立つバス停に到着。ここが出町柳駅前だ。

f:id:tabisuru_sumiya:20180406201128j:plain

ちなみにこの1系統、出町柳駅前が区切りではあるが終点ではなく、このまま糺の森、北大路BT、玄琢下と先程のルートをなぞって西賀茂車庫へ戻る循環路線のようで、降りたバスの幕は「1 西賀茂車庫前」に変わっていた。

 

【エピローグ】

西賀茂車庫前~出町柳駅前という傍目には中途半端な運行区間が1系統を名乗っているというのは意外な気がしたが、恐らくかつては出町柳から三条経由で京都駅方面に行ってたのではないかと推測される。京都市バスのルートもかつて走っていた市電のルートをなぞっている部分があるとの事。今は中途半端な運行区間に見えても、歴史のひもを解けば長距離系統だったのかもしれないと思いを馳せると、賀茂地区の片隅を走る生活路線に、壮大なロマンを感じる。

(2017年12月3日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会