旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

直Q京都号16便 松井山手駅~京都駅八条口 京阪バス

なんとなく時間が空いた10月11日、1号ネタを拾いに行ったついでに、

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232034j:plain

松井山手駅前で「直Q京都号」待ち・・・最初「このテの路線って朝夕だけだろ」ってタカをくくってネット検索してたら昼間も15分~30分で運行しているとの事。お見それいたしました・・・
この地区の路線バスと同じ停留所なので大半の客は地元の路線のバス待ちだろうと思っていたら、

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232046j:plain

京都からの14便がターミナルに滑り込んできたのと同時に京都駅行き「直Q京都号」16便が到着。日野の新セレガだった。このタイプってしずてつJLの「しみずライナー」以来な気が・・・
大阪国際大学始発なので先客がおり、ヲタ席はゲットならず。と、後ろを見るとバス待ちの客のすべてが行列を作っていた。みんな「直Q京都号」待ちだったようで。発車直前にざっと車内を見渡すと20人以上は乗り込んだ様子。窓際は全部埋まった。


定刻の15時半を少し過ぎて発車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232144j:plain

大阪国際大学へ向けてラストスパートをかける「直Q京都号」と同発で、団地内を回って最終停留所のあかねヶ丘へ。ここでも3人が乗り込む。
ほどなく国道1号バイパスに入り、第二京阪の高架下を走る頃には

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232200j:plain

天井から折りたたまれた薄型のモニターが降りてきて、観光バス・高速バスの案内が流れ最後は御覧の通り。距離制運賃ならここに運賃表が出るのだろうけど、500円均一の「直Q京都号」ではちょっと持て余し気味な設備に見えた。
八幡東インターから高速に乗り、

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232216j:plain

ほどなく巨椋JCTへ。この先から京都市内に入り、阪神高速京都線へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232225j:plain

松井山手方面行きの「直Q京都号」とスライド。しかし京阪バスはこの路線だけのために専用車を用意したような感じで専用ロゴまで用意している力の入れよう・・・
高速クルージングは約10分ほどで、上鳥羽ランプで府道へ降りた。降りたところで近鉄京都線と交差。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232240j:plain

久世橋通に入り最初の停留所―久世橋通新町西詰へに差し掛かるも降車はなくスルー。不意に徳島バスの高速車が出てきたので京阪バスの車庫が近いことを実感。この路線もそういう回送ルートの活用をしているのかも。
このあと十条駅、大石橋といった停留所を通るものの降車は無く、16時ジャストに京都駅八条口に到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116232250j:plain

京阪バスが運行する高速バスが発着するところとは違うバースに停車。降りると
これまた長い行列・・・ふとバスを見ると「松井山手・大阪国際大学」という幕になっていた。「直Q京都号」は「松井山手発京都駅行き」ではなく、「松井山手発京都駅経由松井山手行き」という「循環バス」だったのだ。


かつて京阪バスは西日本JRバスと共同で守口市~新大阪駅という「直Q京都号」のような直行バスを運行していたものの、長続きしなかった苦い経験を持っている。自社内で完結し、JRや私鉄の競合が極めて希薄で、なおかつルート上に高速道路があって速達性が確保できる路線、という条件をこの「直Q京都号」で見事にクリアした。運賃も500円というワンコインなら抵抗感なく払えるのが受けているのだろう。
「直Q京都号」に良く似た例として、富山地鉄の富山~城端間や京成バスの「マイタウンダイレクト」、いわさきバスネットワークの「高速せんだい号」といった従来路線バスが成り立ち辛いとされている中近距離であっても、条件次第で高速バスのような運行スタイルであれば客が付くといった新しいケースが出始めている。団地~都心の路線バスが飽和状態になりつつある中で、バス事業者の「活路」になるかどうか今後が楽しみである。
(2010年10月11日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会