旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(バス停の写真を取り上げています)
炭屋さんの日常 #とは(炭屋さんの個人情報を晒している、かも)

■このブログについて(Policy)
本ブログの編集方針としては、「路線データ」と「乗車記」をメインとし、あくまでレポが記事の中心となるよう心掛けています
「Localstagram」はキャプションなしで掲載した1点モノの写真帳として構成しています

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)
1/1~3/31までは管理人業務繁忙期間のため更新は休止とします(その他ネタ枯渇時も臨時休止いたします)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

名鉄バス 中央道特急バス

(乗継元:長野駅前〜飯田BC みすずハイウェイバス

【路線データ】

  • 事業者:名鉄バス
  • 路線名:中央道特急バス
  • 車両型:三菱ふそうエアロバス
  • 路線型:高速路線バス(都市間連絡型)
  • 乗車日:平成22年7月30日
  • 乗車区間:飯田駅前~名鉄BC

【乗車記】

13時半前に「みすずハイウェイバス」を降りて、特に何をするでもなく駅に行ってみたり信南交通の運行するコミバスを撮ったりして5分ほど駅前で過ごしていたら、1台のバスが近づいてきました。名古屋行き「中央道特急バス」名鉄バス便でした。計画していたのは14時の便でしたが、乗り継げるのならとほぼ反射的に乗車。乗務員さんに

「予約してませんが席って空いてます?」

と尋ねたら、
「う~ん、次の伊賀良で予約があるけどそんなに数が入ってる訳じゃないから、後ろの方に座って貰えればいいですよ」
という事で運賃を支払い、6列目くらいに陣取りました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116224314j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171116224328j:plain

川中島バスと同じ4列シートが並ぶ車内は閑散としていました。乗務員さんが言ってたとおり伊賀良のバスターミナルで10数人が乗車してきましたが、僕が陣取った席には予約が入っていなかったようで移動するハメにはなりませんでした。

飯田インターから中央道に入り、中央道駒場に停まるものの乗降ゼロ。山間を縫うようして走りほどなく恵那山トンネルに突入。ちなみに名古屋飯田線は阿智、昼神温泉ルートという特急系統が存在し、1938年に開設された一般道経由の「名飯急行」時代の路線を彷彿とさせます。

・・・と、いつの間にかウツラウツラして気がついたら自動放送で、
「まもなく馬籠です」
という案内が流れました。トンネルを抜け岐阜県に入ったようです。実際には神坂PA内のバス停なので、案内的には「高速神坂馬籠」といったところでしょうか。中津川の街が近づいてきて、雨が降り出したトコロは覚えていましたがその後はまた寝入ってしまい、次に気づいたのは乗務員さんの
「はい、中央道桃花台です。お忘れものないように」
のアナウンスでした。寝てる間に愛知県まで来てしまったようで・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171116224355j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171116224411j:plain

小牧インターで東名を出て、すぐさま名古屋高速11号小牧線へ。ちょうど名神高速豊中インターの阪神高速接続部みたいなシチュエーションです。

黒川ランプ付近から名古屋都心部を望んでいると、高層ビルが摩天楼のように林立しているように見えました。実際ここ数年で名古屋も高層ビルの建設がこれまで以上に急速に進んでおり、それらがぽっかりと浮かんでいるように感じました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116224422j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171116224434j:plain

環状線を半周し黄金ランプで高速を降り、降り際にチラッと見えるJR東海の名古屋車両所を見て名古屋に来た事を実感。終点の名鉄バスセンターにはほぼ定刻の15時半過ぎに到着しました。

(令和元年5月20日記事構成変更)

(乗継先:のぞみ45号 名古屋~博多

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん