旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

直行新横溝口線 新横浜駅~溝の口駅 東急バス

この方のトコロでこの路線の噂を耳にしたので、関東出張を機に試乗しに・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222042j:plain

新横浜駅前のバスターミナルは横浜市営と臨港バスが本数的に幅を利かせており、神奈川中央交通とこの東急バスはどちらかというと押され気味・・・そんな中で目立ったのは金色の帯を巻いた東急バス。
系統番号はなく「直行」の2文字だけ。ここ新横浜と武蔵溝の口を「シャトル運行」に特化した路線です。


前乗り前払いに慣れない関西人なので運賃精算に少々モタつきながら車内へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222055j:plain

車体は路線仕様だけど車内のシートは観光バス等に使われるリクライニング仕様・・・これがいわゆる「ワンロマ車」ってヤツですね。鹿児島あたりじゃ貸切お下がり的な意味でのワンロマ車には乗ったことがありますが、設計段階ですでにワンロマに特化したバスは初めてです。
お上りさんよろしく、シートをバタンバッタンさせて感動して(遊んで)いたら18時20分発車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222108j:plain

最初に乗車地・烏山大橋は停車するもゼロ。続いて停まった日産スタジアム前も乗車はなくそのまま溝の口へ。ちなみに新横浜~日産スタジアム、それと高津中学校~溝の口駅間の乗降は不可との事。高速バス的な運行をしているのが興味深いです(阪急バスの有馬特急線と酷似)


港北インターから第三京浜に乗り高速運行開始。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222121j:plain

「シートベルトの着用をお願いいたします・・・」

というアナウンスと共に加速しあっという間に制限の80キロに到達。夕方とあって交通量は多めだが片側3車線の高速道路はゆったりとしたものです。
川崎市に入ってまもない川崎溝口インターで高速を出て一般道へ。高速走行は賞味10分程度だったでしょうか。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222132j:plain

ぐるっと第三京浜の高架下を転回しながらくぐってJR南武線と並行。土曜の夕方とあって駅へ続く道は大混雑。最初の停留地・高津中学校入口まで数メートルを残し渋滞。ここから先はまさに牛歩の如し・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222144j:plain

横を南武線の電車が快走します。ヨソ者なので新横浜と溝の口間にどれほどの需要があるかは理解できませんが、思えば鉄道でこの新横浜~武蔵溝の口間というのは連絡しておらず、JRならば東神奈川なり立川へ出なければたどり着くことは出来ないし、市営地下鉄を使ってもあざみ野で乗り換えなければ東急田園都市線に出れないわけだから、直線距離にして10キロ強のこの区間をダイレクトに結ぶ交通機関は生まれるべくして生まれた、といった感じでしょうか。

f:id:tabisuru_sumiya:20171116222158j:plain

順調にいけば鉄道連絡では不可能な「25分」ほどの所要時間ですが、今回乗った便はこの溝の口手前の渋滞で20分ほどプラス・・・そういった所要時間を察してかお客は僕を含め7人だけでした。多岐に渡る首都圏の都市間連絡手段で時間・費用面で自分に合ったものを選べる事に羨ましさを感じると共に、こういった直行バスが条件によっては鉄道と互角に渡り合える可能性を持っている事を再認識しました。

(2010年6月12日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会