旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

山陽ドリーム広島2号 広島駅新幹線口~大阪駅桜橋口 西日本JRバス

]久々に夜行高速バスの「山陽ドリーム広島号」で帰路につく事にした。「山陽道昼特急の倉庫」を運営している身でありながら頓とご無沙汰なのはいかがなものか、と今回乗車する事に。


広島駅新幹線口のコンビニ「デイリーイン」で寝酒とつまみを購入し、バス停で突っ立っているとグランヴィア広島の方からぞろぞろと人の波が押し寄せてきた。何かイベントでもあったのだろうか。
その人の波を気にしながら待機している観光バス群の中に西日本JRバスのダブルデッカー車が2台佇んでいた。このうちの1台が今夜の「宿」のようだ。23時過ぎにその1台が横付けされ改札が始まった。


席番は「3B」。ハズレ席とも言えなくもないが出来れば避けたい席だ。3Bに限らずB席(独立3列の夜行タイプなら真ん中の列)はリクエストが無い限り最後まで割り当てられる事はなく、ここが埋まるって事は今日は乗車率がいいって事の証左でもある。
乗車率がいいと書いたが、改札の時に運転士さんが一言、
「今日は3台で運行です。今から1号車の改札を行います」
・・・山陽道昼特急、いや山陽ドリームで3台だァ!?今では続行が少なくなった東京~大阪間のドリーム号を思わせるような編成だ。今日はかなりの乗車数になる。
車内の自席でようやく落ち着き、後ろをふと見るともう席はほとんど埋まっていた。さっきの人波で見かけた派手な若者も何人か居た。ほどなく運転士さんが上がってきてカウンターで乗車人員をチェック。23時15分の定刻に発車した。


久しぶりにダブルデッカー特有の大きな動揺を感じつつビールで今回の旅を打ち上げた。広島バスセンターに着くものの乗ってきたのは2人。この後、不動院と中筋駅で乗車扱いがあったが中筋駅で1人(それも階下室)だけでほぼ満席で山陽道に乗った。
心地よい動揺と、久々の生ビールに酔いが速攻で回って運転士さんの車内案内も夢うつつの中で聞いた。太田川を渡ったあたりで座席を倒した・・・

 

なんとなく騒がしいな・・と思ったら午前1時。場所は山陽道の福山SAだ。
ここは「山陽ドリーム広島号」の車内だって事を思い出した。そういや福山SAで開放休憩するって言ってたのを思い出したが降りる気は起きず、そのまま惰眠をむさぼった。


次に気がついたのは5時過ぎの西宮北インターのアクセス道路付近。ぐっと横Gがかかるのでイヤでも目が覚める。降車はなく次の宝塚インターで2人ほどが降りていった。

「大阪まで消灯します」

と案内があって車内が暗くなるとまた寝てしまいカンペキに目が覚めたのは阪神高速の梅田ランプ。


定刻より少し早めに大阪駅桜橋口に到着。
ほどなくやってきた2号車は中国JRバスのエアロクィーン、SHD車だった。3号車は前夜に見た西日本JRバスのダブルデッカー車で、その時は10分後に出る「広島ドリーム京都号」だと思っていたが考えてみれば京都線はSHD車。DD車のワケがないですよね・・・今頃気付いた。
個人的には夜行で乗るならもう少し車内の広さに余裕のあるSHD車の方がよかったかなー。どうしてもDD車だと屈み気味で行動しなきゃならんから・・・
(2007年9月22日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会