旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

プレミアム昼特急12号 大阪駅~東名厚木 JRバス関東

先週行った関東出張で、トラブルのあった所のフォローを確認に行くという意味で再び移動。まあ業務内容はさほど重くないので、ネタに走ってみるかとまず行ったのは大阪駅JR高速バスターミナル。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001701j:plain
目の前にヨドバシカメラがあるというのは暇つぶしに持ってこいで、この日も30分ほど店内をブラつけたり・・・普通は大阪駅の中にあるお店を探索するのでしょうけど、そこは管理人がヲタだという事で・・・


11時を過ぎてやってきたのは、

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001721j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001732j:plain

「プレミアム昼特急12号」東京駅行きです。車両はJRバス関東のエアロキングでした。この車も後継がいないので、いつまで走ってくれるか・・・アサインされた席は「22D」

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001744j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001753j:plain

はい、番号からお察しの通り「プレミアムシート」です。乗車まで一週間ない状況だったのですが「高速バスネット」で奇跡的に「1席」の表示が点いていたので、すかさず決済したのがこの席でした。
全席がカーテンで仕切られていて、頭上にはワンセグテレビが据え付けられ、イヤホンで聴くスタイルです。足元にはオットマンがあってその先の空間もまだあるというシートピッチの広さ。バスでこれだけ贅沢な空間を作れるものかと思うとちょっと軽いショックを覚えました。
荷物を置いたり、これから読む本やら昼飯の弁当を出していたら同室の2人の客も乗車してきて満席に。ネット予約で8000円しないのにこれだけ広々とした空間とシートが手に入るのであればすぐに売り切れるのも頷けます。


定刻に発車。
「本日はJRバスをご利用いただきまして・・・」
自動放送が車内に響く以外は本当に静かです。3人しかいない空間だから当然と言えば当然なのですが、それぞれの席が昼行便なのにカーテンで仕切られているのでさながら個室の空間がそこに展開している、というシチュエーションもそういった静粛な空間を演出しているのかもしれません。
新御堂筋に乗って快調に進み、最初の乗車地・千里ニュータウンに着くも乗車はゼロ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001808j:plain

吹田インターから名神高速に乗り、名神高槻と大山崎に停まるも同じように乗車はなく静寂が続きます。その空気が変わったのは京都深草停車時。ここで2階席の客が数名乗車してきました。ドアが開いて室内にひんやりとした風が入り込み一瞬、澱んでいた空気がサッと動いたような気がしました。


草津JCTから新名神に入ると車窓には雪が目立つように。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001822j:plain

そういえば太平洋側でも数日前まで断続的に雪が降っていたんだっけな・・・そんな事を思い出しながら持ってきた小説を読んでいたらほどなく減速。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001838j:plain

「お疲れ様でした。甲南PA到着です。こちらで20分の休憩を取ります・・・」

そういった案内があって甲南PA着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001852j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001901j:plain

外へ出るとキンと冷えた空気が体を襲う。寒いの一言しか出ませんでした。数枚の写真を撮っておやつを買い足しさっさと車内に戻りました。その気になれば「引きこもり」も可能なシートですから無理に外出する必要もなかったりします。


甲南PAを出てしばらくすると新鈴鹿トンネルに突入。自分でハンドルを握って走るときはうっとおしいくらいに長いトンネルだと思っていたのですが、バスの客としてここを通ると「えっこんなに短かったっけ?」って思うくらいあっけないものに思えました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001913j:plain

亀山JCTで東名阪に合流。このあたりからは小説を読みふけり気が付いたら

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001926j:plain

伊勢湾岸も通り過ぎて豊田JCTで東名に合流するところでした。ところどころ雪らしきものを見かけはしましたが基本的に晴天で気持ちのよい日差しを受けながら寝そべりながら読書・・・イカンですね。プレミアムシートはダメ人間製造シートなのかもしれません(笑)


静岡県に入って、三ケ日インターで高速を出て

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001942j:plain

みかちゃんセンター(今は違うのかな)の駐車場で乗務員交替。これから乗る乗務員さんがテキパキと始業前点検を行い発車。
「お待たせしました。乗務員交替しました。ここから終点東京駅までJRバス関東東京支店の○○が担当いたします・・・」
とアナウンスがありました。このあたりがJRバスが鉄道っぽいと言われる所以なんでしょうね。
(ちなみに大阪駅からここまでは西日本JRバス大阪高速営業所の乗務員さんが担当)

f:id:tabisuru_sumiya:20171108001956j:plain

浜名湖が見えてほどなく浜名湖SAに入り2回目の休憩。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108002010j:plain

ここで「青春昼特急10号」と並びました。向こうはそれほど乗っていないようで快適そうな車内でしたね。
例によってトイレを済ませ数枚写真を撮って車内へ。寒いのであまり外に出たくないというのもあるのでしょうけど、外に出なくても快適なシートに座っているからというのもあるのかもしれません。


浜名湖SAを出発。その直後に、
「この先、降車地を伺っているのは東名静岡、東名江田、東京駅ですがそれ以外の停留所での降車をご希望のお客様は、お近くのチャイムでお知らせ下さい。お知らせがない場合は本線通過とさせていただきます・・・」
というアナウンスが流れました。実際、最初の停留所である東名浜松北が近づくと

「まもなく、東名浜松北に着きます。お降りの方はいらっしゃいませんか?」

とあって特にアクションが無かったことから

「それでは東名浜松北、通過致します」

とあって停留所をスルーしていきました。乗車地・降車地が分かれる東海道昼特急ならではのアナウンスと措置だなぁとしみじみ。


次の停留所である東名静岡では降車があるので高速を出て料金所手前でバス停へ曲がっていき

f:id:tabisuru_sumiya:20171108002026j:plain

到着。バス待ちの客はいませんでしたが重そうなスーツケースを引っ張った降車客が一人、国道側へ・・・出迎え待ちでしょうか。


このあたりからは昼寝をしたり小説を読んだりと忙しく(?)東名富士と東名御殿場の通過を見逃し、最後の休憩地である足柄SAに着いたのが17時過ぎ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171108002040j:plain

ここでも先行の「青春昼特急10号」と並びました。その他にも沼津からの高速バスや関東の事業者の観光バスが停まっていたりで関東に入ったことを実感。
そして日もとっぷり暮れ冷たさが増してきたような気がしたので数枚の写真を撮るだけでさっさと車内に退散しました。


最初は終点の東京まで行くつもりで予約したのですが、足柄SA出発直後の
「次は東名厚木に停まります」
のアナウンスに思わず反応してしまいました。というのは今日の宿泊地は本厚木駅前のホテルだったからです。このまま東京まで行くと趣味的な満足感は得られるものの、その後厚木まで延々移動しなきゃならんというしんどさを考えると厚木で降りた方がラクかな・・・とか思い始め携帯をいろいろ弄り始めました。
結局、東名厚木の近くのバス停から本厚木駅方面行きのバスに接続する点と、その乗り換え時間も現在の到着予想時間からプラスアルファしたとしても間に合うという事が分かったので

f:id:tabisuru_sumiya:20171108002055j:plain

納得ずくで「プレミアム昼特急12号」を東名厚木で降りました。
趣味であれば東京まで行ってたと思いますが、明日の仕事を考えたらこれがベストなのかなと思ったので・・・

* * * *

つい最近、関東バスと両備観光で「DREAM SLEEPER東京大阪号」(関東バス)という全室個室の夜行バスが運行を開始しました。時代のトレンドとして「個室化」というのは避けて通れないものなのかもしれません。そこへ敢えて昼行便で個室的な雰囲気を味わえる「プレミアム昼特急号」という設定がなされたのはごく自然な成り行きだろうと思います。そしてそれが「DREAM SLEEPER東京大阪号」よりも先駆けてその原型をJRバスが作ったという点で、この「プレミアム」シリーズがいかにエポックメーキングな「商品」だったかを実感します。冒頭で書いたようにこのシートが置かれているエアロキングというバスも車齢が高くなってきており、いつ走れなくなるか判らない状況にあります。願わくば後継車も「元祖」個室的な雰囲気を味わえるものであることを祈るばかりです。
(平成29年2月11日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会