旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

鹿児島ドリーム広島1号 広島駅新幹線口~天文館 JR九州バス

期間限定の高速バスなので、本来であれば乗りバスのネタとするにはやや動機が弱いかな・・・と思ったのですが、使用するクルマがJR九州バスでなんと「山陽道昼特急博多号」「たいよう号」で使ってたダブルデッカー(2階建て)という事なので
「これは乗らねば」
となった次第。

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232127j:plain
カメラを紛失し、心は折れてたものの折角広島在住の某フォロワーさんも居ることなので気持ちを切り替えてテンションを上げていく。20時45分頃、赤い「あいつ」がターミナルに滑り込んできた

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232152j:plain

今夜の宿となる天文館行き「鹿児島ドリーム広島1号」である。
これは狙って指定券を取ったもので、一日ずれると中国JRバスの長距離用スーパーハイデッカー車になってしまう。広島側でも2階建ては何台も保有してるのに・・・と思ったが、車両の運用繰りというのは実際にはマニアが思っているより複雑なのだろう。
車内に入ると、

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232207j:plain

「昼特急」時代から変わらない独立3列シートが並んでいる。昼行便なのに独立3列シートは破格だなぁと当時は思っていたのだが、いずれは夜行便への運用も考えていたのかもしれない。そして時は流れて現在、やっとその任に就けたといったところか。


21時を若干過ぎて発車。
「お待たせしました。鹿児島行きドリーム号です。これよりバスセンター、山口市内でご乗車のお客様のために停まってまいります・・・」
落ち着いた車内放送がなかなか好感度を上げてくれる。声の主はおそらく九州の方言なのだろうけど鹿児島弁ではなさそうだ。
21時10分、広島バスセンターを出発。車内はだいたい10人前後といったところか。山口地区にも立ち寄るのであと数人は乗ってくるのだろう。

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232254j:plain

朝、「特別便」で通ったルートで広島の市街地を離れトンネルで大塚へ。あのときは雪がザーッと降ってたけど今は穏やかなもの。
普段は陰陽連絡の高速バスあたりが主役のこのルートも、この便の通行時だけは「千両役者」のお通りといった感じだ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232224j:plain

五日市インターから山陽道に乗る。
このあたりで交替の乗務員から車内案内や到着時刻、休憩箇所についての説明が告げられる。懇切丁寧な内容でサービスに関しては「JR=粗削り」といったこれまでの通念がひっくり返りそうだった。それだけ鹿児島側ではこの路線に注力しているという事か。


携帯を弄っていたら、ふと減速。ほどなく

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232322j:plain

下松SAに到着。ここに立つのは14時間ぶりか。
客の大半もここで降りてトイレへ直行。車内にもあるけどやはり「トイレはSAで」という事だろうか。そういえば車内に戻ると1階に

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232337j:plain

バゲッジスペースが出来ていた。「昼特急」時代は無かったはずだから「たいよう号」以降に設置された様子。足元に荷物を置いてたので早速使わせて貰う。
他にも「昼特急」時代には無かったものとして2階最前列付近に液晶テレビがつけられた事。これも九州島内から出ることが無くなってから付けられたものかと。コストカットでAV類は設置されない事が多い昨今の高速バス事情で珍しい事だ。


22時半前に下松SA発車。
徳山のコンビナートをチラチラ見つつ再び山間部へ。22時50分、防府東インターで高速を降りる。そして国道257号へ。ここまでは今朝通った「特別便」とまったく同じだが、

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232353j:plain

国道2号から外れ257号へ入ってすぐの所にある右田というバス停に停車。これが山口県下初めての停車で、ここから2人が乗り込んだ。このバス停、防府の市街地からも結構離れており、「コースからなるべく離れたくないけど、防府の街で乗降扱いしたい」って感じで設けられたようだ。これだったら防府駅に立ち寄れば・・・と思うのだが。

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232409j:plain

緩い坂を登り山口市内へ。「特別便」と同じようなルートで市街地へ入り山口線を跨ぐ。どのあたりなのだろうと窓を一生懸命覗きこんだもののわからず。気が付いたら最後の停留所・山口湯田温泉に停まっていた。が、ここでの乗車はゼロだった。曇ったガラスを軽く拭くと温泉客がいい感じで酔ってそぞろ歩きをしていた。
日付が変わる直前、小郡インターから中国道へ。


* * * *


0時過ぎの美東SAでの交替停車はなんとなく覚えていたが、あとは6時20分頃の

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232424j:plain
「おはようございます。ただ今、鹿児島県の九州道の吉松PAに停車しております。ここで朝の休憩を取ります・・・」
という放送で目が覚めるまでホントにぐっすり寝込んだ。
乗った頃はカメラを無くしたショックで眠れないのではと思ったけど、やはり「特別便」での無茶ぶりが快眠につながったのかと・・・やはり夜行バスでは「寝るもの」だなぁ。
トイレに向かい停車風景をカメラに収めるも、真っ暗なPA内では思うような絵にならず苦労した。
6時半過ぎに発車。


栗野を過ぎたあたりで白々と夜が明けてきた。南国特有というか山の稜線から紺色から赤へのグラデーションが続くもので、九州在住時代でもこういう感じの「美しい夜明け」を見れたのは数回だから、なんとなく幸先がよいように感じた。カメラは無くしたけど、その分この風景を目に焼き付けておけという事か。
「鹿児島ドリーム広島号にご乗車いただきましてありがとうござます。鹿児島空港南に到着します・・・」

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232440j:plain

6時50分過ぎに鹿児島空港南に到着。ここで数人が降りて行った。見れば何人かが出迎え付きだった模様。そして1人だけ空港に向かって歩いていった・・・


溝辺台地を滑り下りるように走り、

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232450j:plain

茫洋と浮かぶ桜島に鹿児島入りしたことを実感する。
2階建てバスでこの風景が見れるというのは、ある意味すごい贅沢なのかもしれない。
帖佐は降車なくそのままスルー・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232504j:plain

本州からの夜行バスは薩摩吉田から市街地へ入るが、この便は昼行便同様鹿児島北インターで高速を降りた。高速を降りてすぐの場所にある下伊敷のバス停も帖佐同様通過。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232515j:plain

3号線はすでにラッシュ然とした様相を呈していた。その中を福岡行き「桜島号」とすれ違ったが、南国交通担当便に西鉄観光バスの「続行便」が付くという「繁忙期」らしい姿を見せていた。
バスの前に不用意に普通乗用車が割り込むが、急ブレーキを踏むこともあまりなく予測運転で至ってスムーズ。2階建てバスの運転特性を知り尽くしているといった感じだった。終始スムーズな走りを堪能させて貰い、

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232529j:plain

鹿児島中央駅前には7時半に到着。ここでも数人が降りて行った。誘導員も見慣れないバスに目をシロクロさせているようだった。


元来た道を戻る格好で都心部に入り、

f:id:tabisuru_sumiya:20171106232539j:plain

終点の天文館にはほぼ定刻に到着。
終着の余韻に浸る間もなく、表示幕は「回送」になって走り去った・・・


* * * *


2階建て好きな僕がこんな事を言うのもヘンかも知れないが、あえてこの路線に2階建てを入れる必要があったのかと思う。JR九州バスの夜行路線は「広福ライナ-」で実績を積みつつあるし、このあたりで長距離の夜行路線の実績も積んでおこうという事なのかも知れない。が、季節運行で長期運行を目指すのであれば、あえて2階建てを選ぶ必要性は無いわけでスーパーハイデッカーの独立3列シートでも充分な気がする。
中国地方随一の都市である広島と、南九州最大の都市である鹿児島という2点間輸送については「あってしかるべき」と思っている。そして2階建てバスでの運行というのも目玉商品としてのインパクトは強いが、将来を考えるといつまで活躍できるかという不安が残る。路線としての将来を考えた時はダウンサイジングも必要かもしれない、と思った。

(2013年1月3日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会