旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

JAL102便 伊丹/羽田 日本航空

便名:日本航空102便
運行:日本航空
発地:大阪国際空港
着地:東京国際空港
機材:ボーイング777-200
機番:JA8985


※写真は機内の様子を撮ったカメラを紛失したため、写真は1枚だけです。御了承下さい

 

大阪空港に着いたのが6時過ぎ。7時過ぎの便なのでちょっと早く来過ぎたかな、と思ったけど北ターミナルのJALカウンターに並んでいる行列を見たらそうでもなかったかなと思ったり。
ここで初めて自動チェックイン機なるものを体験。事前にコンビニで決済した際のレシートに書かれた受付番号を入力したらすぐに搭乗券が出てきた。むぅ、JRの指定券券売機よりも操作数が少ない分ラクだな。
まだ客のまばらな土産売り場を抜けて保安検査場へ。通る時期はチェックインカウンターの上の搭乗案内に出ているが、これより早く行くことは出来るのだろうか。


カゴにポケットにあるものやら、カバンにある電子機器等を入れてX線を通してもらう。うむむ、携帯電話3台やらカメラ2台やら出すものが多いので大変だ。でもってOKを貰うと今度はそれらをしまうのに一苦労・・・うむ、今度からはシンプルにしてから乗ろう。
羽田行き102便は23番ゲートから出発。

f:id:tabisuru_sumiya:20171106225000j:plain

これが記念すべき修行一発目の飛行機となる。ボーイング777、かつての名前は「スタージェット」って言ったっけ。一機一機に星座の名前が付いてたけど、今見たらそういうのは無くなってる様子。なんで止めたのかなぁ・・・
ソファーでくついろいでいたら、


「日本航空、羽田行き102便のクラスJに空席がございます。どの運賃でも1000円プラスで・・・」


追加料金が必要なのが少し痛いけど、見たら幅の広そうなシートという事で「話のタネに乗ってみるか」と思ってカウンターへ。搭乗券を見せてクラスJへの変更をリクエストしたらあっさりと「どのあたりの席になさいますか?」と・・・で、ものの1分かからずに変更完了。
うむー、こんなにあっさり上級クラスへの変更が出来ていいんだろうかと変に心配をしてみる。


* * * *


6時45分、搭乗開始。
まずは身障者、子供連れが優先となり続いてステータスカード保持者、そして一般客の順となる。ステータスとは「JGC」と呼ばれる・・・どうやら多くのマイレージをすでに貯めている「上顧客」という事らしい。少なからず「修行」の方も居るらしく、僕の当面の目標はここのステータスに食い込む事かな。
ボーディングブリッジを通って機内へ入ると、CAさん(客室乗務員)の挨拶を受けアサインされた席へ。


さて、クラスJの第一印象は・・・


-全体的に丸みのあるシート
-ヘッドレストの赤い枕カバーがちょっと高級感あり


で、座ってみると


-単に柔らかいというだけでなく、カラダにフィットした感あり
-リクライニングは夜行バスの半分くらい
-肘置き下のマルチステレオのインパネがふとももに隠れて少し使いづらい


最後のは僕の身体的特徴に起因するものなので、短所とは言い難い。総じてJRのグリーン車に匹敵する乗り心地だと思う(個人的にJRのグリーン車そのものの乗車経験が少ないのが少し哀しい・・・)
座ってドキドキしている間にも客が続々と機内に続き、「まもなく出発します」という案内がかかった頃にふと普通席を振り返るとぎっしりで、空席は目視で数席程度。で、クラスJの埋まり具合はというと、アサインされた席の列は僕1人だけ・・・窓側の2列席はびっしり埋まっているからそこは前売りの段階で埋まっていたものと推測。


ほぼ定刻にプッシュバックされ、機内のビデオモニターには緊急時の脱出マニュアルが流れる。結構緊張する。
誘導路の段差を結構拾うので機内は結構揺れる。モニターには前方を行くANA機が映し出されている。
そのANA機の離陸を窓から確認してほどなく滑走路に入り、

「まもなく離陸します」

のアナウンスの後数秒間があって一気にGがかかって離陸開始。ターミナルが見えたな、と思ったらスーッと視界から消えほどなく左へ旋回。その間も空を蹴るように上昇し、モニターには尼崎あたりの住宅地やら八尾付近の風景が映し出されていた。それも雲間にかすれるようになって画面は真っ白に。当然か。


感覚的に平行になったかなと思ったのが離陸から15分くらい。ベルトサインは消えたが外す気は起きなかった。ほどなくワゴンが回ってきて

「お飲み物をどうぞ」

という事で「選ばれたのは、綾鷹でした」って感じで日本茶をチョイス。
シートを倒し、足を伸ばしてみる。前の壁につかない、これは広いぞ。1000円プラスするだけでこの広さを得れるというのは結構大きいように思う。
機長さんからアナウンスがあって、現在の高度や目的地の到着時刻と天候を知らされた。英語のアナウンスが続いたのは搭乗客の中に英語圏の人がいたからか


離陸して30分くらいで右の窓から太陽の強烈な光が差し込む。窓のカタチに光がジリジリ動くのが面白い。そして左の窓には五合目付近まで雪をまとった富士山がゆっくりと見えてくる。この富士山を上空を拝めるだけでも、空路を選ぶ値打ちがあるかもしれない。
後方へ去っていく富士山を惜しみつつ、眼下には東伊豆の街と相模湾が広がる。いつの間にか高度が下がっていたようだ。それから10分くらいだろうか。ベルトサインが点いて
「あと15分くらいで着陸します」
というアナウンスが。
左へ旋回する感じがして窓を見ると結構はっきりと住宅地が見える。最初は木更津あたりかと思ったが、後にフォロワーさんから千葉市付近だと教えられた。高度をどんどん下げ、スカイツリーや大井埠頭あたりの風景がほぼ平行に見えるなと思ったら、ほどなく空港の敷地内に入り、8時5分頃に無事着陸。そしてお決まりの減速時のGを感じ、結構なスピードのまま誘導路へ。
スポットへの走行距離は大阪空港よりも長いように感じたが、それでも着陸してから10分もかかっていなかった。
機体の停止と同時にベルトサインが消え「お疲れ様」という感じで車内がどっと沸いた。


* * * *


ボーディングブリッジを経て、改札機を抜けて壁際で携帯の電源を入れながらわらわらと出てくる客の流れやら、これから搭乗する客の姿を見ながらじわじわと羽田空港に着いた事を実感した。

(2013年1月2日乗機)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会