旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

いとうづ号 砂津バスセンター~蔵本 西鉄バス北九州

新門司港からの阪九フェリー送迎バス(西鉄バス)を降りたのは砂津バスセンター。門司駅と小倉駅北口だけしか停まらないと思ってただけにこれは嬉しいサービス。ここからはSUNQパス(全九州+下関4日用)の活躍となる。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200025j:plain

しばし営業所にずらりと並ぶ西鉄バスに見とれていたが、キリをつけ一番手に乗ったのが天神行き「いとうづ号」。阪急バスとかで見慣れた西工B型のフロントマスクを持つ、いわゆる「B高」タイプの高速バスだ。最初の頃は「路線バスの顔して高速を飛ばすゲテモノ」って揶揄されていたものの、それまでの近距離高速路線の標準型だった「S高」と呼ばれる車両が淘汰されてきて、気がついたら「B高」タイプが多数派になっていたという次第。
車内もかなりカジュアルな雰囲気に思えるのも、以前の「S高」が近距離にもかかわらず結構重厚な造りになっていた、その「裏返し」という事か。悪く言えば「安普請」な車内だけど「近距離高速路線限定」と割り切れば、こういうのもアリなのだろう。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200051j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200109j:plain

「いとうづ号」自身は2回目の乗車だけど、三萩野を南下する「ひきの号」やひたすら小倉南インターまで南下する「なかたに号」と違いひたすら西へ向かうルートはやっぱり新鮮だ。魚町とか西小倉付近はそれほど乗車は無いが到津付近、大蔵あたりでどっと乗り込んでくる。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200126j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200141j:plain

大谷ランプから都市高速に乗り引野口からまた大量乗車。引野口以東では「ひきの号」の補完で、以西では八幡近郊の速達手段確保という意味合いが強い路線に思える。


直方、若宮と停まるものの、ここまで来ると乗車もチラホラ程度。雨が次第に強くなってきて、福岡インターから都市高速に乗る頃には雨煙で怖いくらいに。

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200157j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171105200215j:plain

貝塚~呉服町間できっちり朝の渋滞にハマり、蔵本着は10分ほど遅れて到着。このくらいの遅れなら福岡都市圏では誤差範囲だろう。

 (2011年6月27日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会