旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@Instagram(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

京都舞鶴線 京都駅前〜東舞鶴駅 京都交通

京都交通の京都~舞鶴間の特急バスというと、路線車であるエアロスターを改造してトイレを設置、リクライニングシートを並べた車両で運行されているちょっと一風変わった路線でした。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172615j:plain
が、運行主体の京都交通が経営悪化の憂き目に遭ってからは日本交通の支援を受けたものの営業エリアが縮小され舞鶴・福知山といった北丹後地区限定になってしまい、この路線も路線自体は残されたものの本数、途中停留所ともに年を追って削減され現在の4往復だけに・・・
(ちなみにかつてのエリアだった園部・亀岡・京都市内は京阪バスの支援を受けて「京阪京都交通」という「似て非なる会社」に・・・)


乗り場は京都バス・京阪京都交通が発着する駅前のバスターミナルです。京都駅中央口のパン屋で昼飯を買い込んでバスを待っていたら真っ白なエアロバスが到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172659j:plain

これが舞鶴行きの初便です。もともと観光・高速車は日野車が多い同社でしたが、三菱車があるのは支援元の日本交通が関わっているからでしょうか。車内は後部トイレの4列シートとごく標準的な昼行仕様。シートが観光バス仕様というのが個人的に惹かれるところです。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172711j:plain

ここからの乗車は5人。というか京都市内の乗車地はここだけなのでこれで確定って事になります。ちょっと寂しいような気もしますが昼前とあってはこんなものでしょう。11時40分発車。
京都駅を出発すると堀川通りを北上し国道9号へ。信号は多いものの渋滞というほどの混雑はなく10分ほどで桂川を渡り、「渋滞の名所」千代原口交差点も難なくスルー。と、ここまでさらっと来てしまいましたが、かつては「四条河原町」「西大路五条」といった途中停留所があって区間利用も可能なようでしたが、路線の「高速化」で(というよりは停車地が別会社のエリアとなってしまい停車不可能になった)京都市内は素通りしているといった感じなのに一抹の寂しさがあります。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172722j:plain

インター化工事たけなわの沓掛ICから京都縦貫道に乗りトンネルで一気に老ノ坂をパス。
ふと運転席上のテレビを見ると奥に収納されたカタチになっており、出っ張ったところに運賃表が張り出されていました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172735j:plain

2000円ちょっとの運賃でビデオサービスを望むってのが酷かもしれませんが、舞鶴、京都の観光案内を出発と到着直前くらいに流しても良さそうに思うのはヲタの戯言でしょうか・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172746j:plain

自由席なので1Aに陣取っていた訳ですがクーラーボックスの上におしぼりと時刻表の入っているカゴが心なしかやや寂しげに見えました。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172815j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172758j:plain

12時半過ぎに八木料金所を過ぎ、ややあって対面通行に。その先で国道9号に再び合流しました。かつての休憩地だった園部の「山形屋ドライブイン」をパスし国道27号へ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172836j:plain

京丹波町内はなかなかアップダウンの激しい道路で、高屋川沿いになかなか厳しい地形を走ってましたが最近バイパスが開通したようであっさりと旧和知町内に入り、13時過ぎに京丹波わちインターから再び京都縦貫道に。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172853j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172912j:plain

これも最近開通した高速道路らしく道路もまだ真新しい感じでした。さっきまで走ってきた国道27号を眼下に見下ろし綾部安国寺インターを過ぎ綾部JCTから今度は舞鶴若狭道へ。国道なら1本(正確には2本)で行けるのにいやはや乗り換えの多いことです・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172924j:plain

何本かのトンネルを過ぎ舞鶴市内に入って舞鶴西インターで高速を降り3度目の国道27号へ。市街地に入るとやや混雑気味になりましたが、それでもほぼ定刻の13時半前に最初の停留所・西舞鶴駅前に到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172939j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20171104172951j:plain

ここで3人が下車し車内はさらに閑散に(もともと閑散とはしてましたが)
五老山トンネルを抜けほどなく2箇所目の停留所・中舞鶴が近づきましたが降車はゼロ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104173039j:plain

護衛艦を眺めていると「まもなく東舞鶴です・・・」と案内があり商店街のアーケードの中を進んで東舞鶴駅前に到着。路線としては舞鶴営業所が終点ですが仕事の都合でここで下車。もっとも僕とあと1人の客もここで降りたのでバスは回送状態で終点を目指したようですが・・・


国道経由から高速経由になり、そして高速バススタイルの車両になって快適にはなりましたが、京都と丹後を結びつつ、園部や綾部地区の利用者も気軽に乗れた「特急バス」という姿にはほど遠くなったのが、往時を知る者には少し寂しいような気がします。
(2010年11月30日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会