旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ドリーム4号 宝塚駅~東京駅 西日本JRバス

12月22日。そのアプローチの起点はJR福知山線の宝塚駅。そういえば改築されてから一回も来てなかった。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104154604j:plain

・・・何かすごく洒落ているのですが、阪急の重厚長大さに比べたらチンマリ収まってるな、という感じ。阪急の宝塚駅はターミナルという位置づけなのに対しJR宝塚駅は中間駅という事も駅をコンパクトにしている要因のひとつか。
駅前は阪神バスと阪急バスのターミナルで、これから乗るJRバスの「ドリーム号」はどちらかというと隅に追いやられているという気がしないでもない。仕方の無い事ではあるけど。


その東京行き「ドリーム4号」は21時48分頃に到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104154621j:plain

2台運行で、僕の乗ったのは2号車の西日本JRバス担当便。神戸ナンバーのエアロキングというのがなんとなく新鮮。ちなみに1台目はJRバス関東の担当。
先客は4人ほど。時間になっても発車せず何をしているのかと思ったらどうやら飛び込み客(予約無しの客)がいた模様。「ドリーム」系統でこのテの客を見たのは初めて。満席だったらどうするつもりだったのだろうか・・・


10分ほど遅れて発車。宝塚インターから高速に乗り1時間ほどで京都駅中央口に到着。最近の「ドリーム号」は号数だけで案内するようになったので番号を聞いただけではどこ行き(どこ始発)が判らなくなっており、この「4号」も言うなれば「ドリーム神戸号」と「ドリーム京都号」を合わせたような便なので号数をつける前の状況が判りにくかったりします。


ドカドカと乗り込みほぼ満席状態で京都駅発車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104154635j:plain

0時半前の草津PAで休憩。「ドリーム号」の多くが甲南PA休憩なのに対し、京都駅経由のこの便だけがこのPAでの休憩なのである意味レアな存在かもしれません。トラックの間に挟まれ少し窮屈そう・・・


草津発車後はすぐ寝てしまい、三ヶ日の交替停車はうる覚えで気がついたら鮎沢PAで停車中・・・(これもPDAのナビ画面で判明)

 

f:id:tabisuru_sumiya:20171104154657j:plain

動き出してしばらくしてエンジン音が低くなったなと思ったら渋滞に突っ込んでました。大井松田の手前といった感じで事故渋滞というから下手したら1時間遅れは覚悟しなきゃと思ったら20分ほどで流れ始め、肝心の事故現場もわからずじまい。


うつらうつらとしてて再び気がついたら多摩川を渡っているところで、朝焼けがやけにキレイなのが印象的。旅の始まりはやっぱ天気がいいほうが決まっているし。
大橋JCTで山手トンネルへ突入。このルートが開通して山手トンネルで新宿へアプローチをかける高速バスが増えたような気がします。新宿駅新南口のターミナルには6時40分着、と言いたいところですが先行の「プレミアムドリーム」が客扱いに手間取っていたようで10分ほど待機してようやく到着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104154943j:plain

あとは甲州街道を走って東京駅日本橋口には7時15分頃着。なぜか「超得割青春号」と同着でした。
(2010年12月22日乗車)

(乗継先:はやて19号 東京~新青森

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会