旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

ひのくに号 熊本県庁前~天神バスセンター 九州産交バス

「なんぷう号」を降りて即座に福岡へ向かうつもりだったが、何となく産交便に乗りたくなり2~3本やり過ごしていたり・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153044j:plain

県庁前バス停とはこんな感じ。市内の路線も高速バスも同じところへ発着するので結構混みあう。確かに目の前が熊本県庁なので県内から県庁への所用がある客にはすごぶる便利なロケーションである。正午過ぎだったが出張らしきビジネスマンの姿も目立ち「用務利用」に強いバス停を感じさせる。


市内線のバスの間隙を縫ってやってきたのは熊本交通センター始発の福岡行き「ひのくに号」スーパーノンストップ便。もちろん九州産交担当。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153103j:plain

かつては西鉄、産交便ともに「青十字」の専用車で運行されていたが、今は両社の運行事情に合わせて西鉄は昼行長距離カラー、産交は高速車共通の「サンライズカラー」になった。乗車したのはエアロバスのハイデッカー車。車内は4列中央トイレの、九州島内では標準的な仕様だが、床が板張りを思わせるデコラ張りで室内の色合いも暖色系でまとめられていた。


ここからの乗車は3人ほどだったが、すでに車内は窓際はほとんど埋まっている状態。幸いにも「かぶりつき」の席を陣取ることに成功。指定席ではなく「定員制」なので、好みの席があるかどうかは運不運が大きく作用する。
自衛隊前、東町中央とさきほどの「なんぷう号」のルートをなぞるように進み、益城インター口で1人乗車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153122j:plain

益城インターから九州道へ。熊本インターを過ぎてまもなくの武蔵ヶ丘でさらに1人を乗せ次の西合志からノンストップ。もっとも居眠りしてしまい西合志で乗降があったかどうかは失念してしまったが・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153149j:plain

ふと目覚めると南関を過ぎたあたりだった。交通量はこれまで見てきた高速とは比較にならないくらい多くなっているのが印象的だった。山川PA通過付近までは起きていたように思うが、

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153207j:plain

次に目が覚めたのは金の隈付近の都市高速だった。福岡を発着する高速バスの「通り道」でもあるためここは対向車線のバスにどうしても目がいってしまう。航空趣味な人が真横にある福岡空港を離着陸する旅客機を見てしまうように。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153229j:plain

天神北ランプで高速を出て一般道へ・・・と、ここの渋滞状況がハンパではなく西鉄福岡駅まで10分以上を要するほどの混み方である。大阪のOCATのように高速道路に横付けされたタイプのバスターミナルであれば渋滞に悩まされる事はないのだが。今朝宮崎駅で発車待ちをしていた「フェニックス号」の乗務員さんも

「天神でどうしても遅れてしまう。福岡行きならお客さんも諦めがつくだろうけど、宮崎に戻る分が混んでいると後々遅れに響く」

と複雑な表情。


なんとか車の波を突っ切り、

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153245j:plain

天神バスセンターの建屋の中へ入り到着。数分程度の遅れで済んだのは幸いか。僕はここで降りたが終点の博多駅までという客もちらほら残っていた。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104153300j:plain


下道時代から数えると60年の歴史を持つ「ひのくに号」だが、今回乗った限りでは都市間移動交通機関としてすっかり定着しているように見受けられた。九州新幹線の全通によってJRの攻勢も激しくなると思われるが、フリークエントの高さと値頃感のある運賃を堅持しつつ末永い活躍を期待したい。
(2010年10月20日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会