旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

1番 姪浜駅南口~博多駅前(西鉄グランドホテルから3番) 西鉄バス

栄えある1号シリーズ(続くかどうか分からんのにシリーズ化しちまった・・・)の先陣は西鉄バスから。単に福岡出張に行ってたから西鉄バスになっただけで深い意味はありません。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095246j:plain

地下鉄姪浜駅で降りて「南口」へ出ると西鉄標準の行灯型バス停が見えます。目を凝らさないと分からないくらい細かく行き先を列記してあり、その中に「1」の文字を発見。博多駅の他に能古渡船場に行く路線も「1」を名乗っていますが、今回は便が多数設定されている博多駅方面行きに乗車。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095306j:plain

少し古めのクルマでしたが、行き先表示がLEDタイプに「更新」されており現行車との格差はあまりなさそうでした。10人くらいが乗り込み17時44分発車。すぐ筑肥線の高架をくぐり最初のバス停が「姪浜」・・・って駅の北側に来ただけで実質「姪浜駅北口」に来たようなもの。明治通りに出ていざ東へ・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095330j:plain

いきなり渋滞です。時間帯が時間帯なので仕方ないのですが、何個か先の愛宕下までノロノロ運転。数台前を走る博多行き急行バスもややイラつき気味・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095345j:plain

室見駅に着く直前に渡った室見川の向こうに近代的な建物が並んでおり、福岡の臨海部の開発がハンパなく進んでいる事を実感。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095359j:plain

早良区の中心・藤崎のバスターミナルに到着。主に早良区、西区の南の外れ付近にある住宅地へ向かう路線が接続しておりさながら地下鉄のフィーダーバスといった感じ。そういえばここまでこの路線、地下鉄の真上を走っている事になるんだなぁ・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095414j:plain

防塁前・・・鎌倉時代に元寇が博多湾に押し寄せてきたので、その軍勢から街を守るという意味で壁(土塁)が作られた、というのは教科書で読んだ事があるけど、平成の現在でも地名で残っているのが何とも。水城(福岡南部)の土塁もそうだし。この次のバス停は「修猷館前」・・・う~む、読めないなぁ。(ans,しゅうゆうかん)

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095504j:plain

地行から道幅は一気に広くなり、都市を形成する通りらしくなります。西公園付近で明治通りとは別れ、ひたすら公園の堀端を走りいつのまにか天神の西端付近に。大名2丁目付近で前方のバスのリアウインドを眺めていたら、「3 博多駅」・・・?あれ僕の乗っているこのバスは確か1番のハズなのに・・・と訝しがっていると、車内案内放送が「次の西鉄グランドホテルから系統番号が変わります・・・」だって。


という訳で3番の博多駅行きとなって天神を通過・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095523j:plain

天神といっても沢山の乗り場があって、この1番(実際は3番だけど)は福岡銀行前に着きました。他にも日銀前やら福ビル前とか・・・高速バス専用の天神バスセンターも含めたら25箇所!みんな間違えないで目的地へ行くバスの発着するバス停にたどり着けているのだろうか・・・ちなみに福銀前~東中洲の間はなんと客は僕1人。天神界隈なんて人があふれかえっておりバスも混雑しまくり・・・と思っていただけに意外でした。エアポケットのような時間が流れ、

 

東中洲付近で那珂川を渡るわけですが、この先1キロほどでまた小さな川を渡るのでここが川の真ん中に浮かぶ「洲」である事から中州と名づけられたのでしょう。黄昏の川端付近ももう少し経てば屋台が立つんだろうなぁ・・・

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095543j:plain

祇園町にさしかかる頃、それまでネオンで明るかった車窓がスッと暗くなりビル街に。娯楽街からビジネス街に移ったようで、大博通りに入ると高層ビル立ち並ぶ中をラストスパート。他系統の西鉄バスも数台後ろに並ぶ。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104095614j:plain

終点・博多駅前には18時43分着。時刻表を数分遅めだったけどコレは天神付近と姪浜~愛宕間の渋滞が響いているからかと推察。1番のバスが終点で3番に・・・なんとなく騙された気分です(運行系統整理の意味合いで変更になる、とアタマで判っていても)
(2010年3月21日乗車)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会