旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(バス停の写真を取り上げています)
炭屋さんの日常 #とは(炭屋さんの個人情報を晒している、かも)

■このブログについて(Policy)
本ブログの編集方針としては、「路線データ」と「乗車記」をメインとし、あくまでレポが記事の中心となるよう心掛けています
「Localstagram」はキャプションなしで掲載した1点モノの写真帳として構成しています

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)
1/1~3/31までは管理人業務繁忙期間のため更新は休止とします(その他ネタ枯渇時も臨時休止いたします)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

JR東海 のぞみ141号

初めてのN700系乗車記です。オリジナル記事を一部変更しています。

【路線データ】

  • 事業者:JR東海
  • 路線名:のぞみ141号
  • 車両型:N700系
  • 路線型:新幹線
  • 乗車日:平成20年1月4日
  • 乗車区間:東京~新大阪

【乗車記】

17時半には「のぞみ141号」のホームに到着・・・お目当てはもちろん去年から運行を開始したN700系。もう真っ暗で車窓が楽しめなさそうなこれからの旅にちょっとブルーに・・・とそんな気分もすっ飛ばすかのような「未来の乗り物」的な電車がやってきました。ホームにいた何人かの客も新型新幹線をバックに記念撮影に余念がありません。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104092415j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171104092447j:plain

スピード感あふれるロゴを見ながら客室へ。300系や700系とそれほど差異のない普通車。でもさりげに各シート窓側下あたりにコンセントがあって「使用可能」のグリーンLEDが光っています。丁度ケータイのバッテリーが切れかかっていたので充電。
18時04分発車。僕の回りもいい具合に埋まってきた。夜景を眺めながらヲタ旅の余韻にひたってみたが減った腹がそれを阻止するので夕食。新幹線ホームで売ってるサンドイッチってなんであんなに高いのでしょうか・・・品川は飛ばして新横浜着。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104092512j:plain f:id:tabisuru_sumiya:20171104092526j:plain

ここまでそれほど飛ばしているという感はなく、流しているといった感じでした。「おっ」と思い始めたのは三島通過あたりから。かなりの横Gを感じるので結構飛ばしながらカーブをこなしているのが判るのですが、それでいて不快な揺れはありません。この揺れの解消がN700系の特徴とかで、クルマで言うところの「サスペンション」を台車だけでなく車体の前後にもつけてそうな感じですかね・・・

19時過ぎにはすでに浜名湖通過。しかし真っ暗だ・・・明るいうちに見たかったなぁ。
あっという間に名古屋のツインタワーが見えてきました。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104092539j:plain
電光表示器一杯使って案内。これも新しいですねぇ・・・100系でニュースが流れる表示器を中学生の頃見て「なんか未来の乗り物」って感動したものですが、気がつけば巨大化してるし高機能化(多色)も果たしている。技術の進歩がすさまじいです。

米原通過時は心持ち減速したような感覚を覚えましたが、湖東路を南下するときは全力でかっ飛ばして・・・京都であらかた降りてしまい、新大阪までついてきたのは澱んだ空気だけが「お客さん」でした。

f:id:tabisuru_sumiya:20171104092553j:plain
終点・新大阪には20時過ぎに到着。新大阪折り返しの電車なのでこれ以上の乗車はできません。が、半分の行程ではN700系の良さも半分くらいしかわからないので、近いうちに残り博多まで乗り通してみたいものです。

(令和元年5月18日記事構成変更)

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん