旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

フェリーふくおか2 名門大洋フェリー 大阪南港~新門司

暑い、暑い、暑いといいながら大阪南港ターミナルに入った。きっぷを買い案内にしたがってフェリーそばへ。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919211044j:plain


何回か乗っている船で、僕が出張で名門大洋を使うと大体がこの「フェリーふくおか2」だったりする。ちなみに兄弟船の「フェリーきょうと2」は数年前に1回乗ったきり。縁がない・・・


今回指定した等級は「特別2等洋室」というやつ。どんな感じかというと、

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919211105j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170919211124j:plain


こんな感じ。
丁度JRの寝台列車で「ソロ」という1人用寝台があって上下2段の寝台を構造をそのままに、個室風にしたのがあるけどそれに酷似したスタイルだ。しかもこれの目玉は、

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919211144j:plain


この液晶テレビ。ただの船内案内ビデオだけでなく衛星放送(NHK、民放)も流していた。丁度この船のロビーにあるテレビのプログラムと同じ内容のものが各区画で見れる。ためしに点けてみる。かなりチャンネル数が多い。イヤホンで音声を聞くタイプで寝ながら鑑賞という感じだ。これはJRのソロには無かったなぁ・・・


ひといき弄り倒して、風呂へ。
すると・・・中学生が煮込み状態で風呂桶に入っていたwww
聞くと宮崎の中学校で京都、大阪へ修学旅行に行ってその帰りだという。これはえらいトコロへ出くわしたものと観念し隅でこっそりとオジサンは汗を流しましたとさwww


もちろんこの中学生軍団の影響はこんなトコロにも来ました。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919211205j:plain


「本日団体様のご利用のため、開店時刻が遅れます・・・」


仕方ないですよねorz。
結局20時前にその「団体様」が部屋に戻られwようやくオジサンたちの時間が戻ってきました。ビールを傾けた頃に出航。ほろ酔い気分で明石海峡大橋通過までレストランで粘ってましたw


区画に戻り、液晶テレビを楽しむ事に。通常の放送と違い、衛星向けの放送プログラムだけどなかなか面白いものが続いていた。いつの間にか寝てしまい・・・

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212149j:plain


丁度瀬戸大橋通過前でギャラリーも沢山・・・はおらず、数人が上甲板で見物。で、大橋の構造物がぐわーっと頭上を覆う。それだけw
まあ深夜の交差劇なんてこんなもの。開通直後であれば猫も杓子も見に来たかもしれないけど、普段は静かで当たり前だろうし、その方が落ち着いてこの交差劇を見物できる。

 

1時を過ぎるとさすがに皆寝入ったようで展望通路も静か。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212217j:plain


ひたすら燧灘を抜けるのを待って2時過ぎに3本目の大橋―来島海峡大橋に差し掛かった。

上から見れば逆S字を辿る感じで航行し、今治の街灯りが見えた頃は横滑りの真っ最中で北西を向きつつ結構上下に揺れる。寝床に居てもこの海峡に来たらカラダが不安定になるので「あ、来島海峡か」って解るくらい(ヲタだけですかそうですかw
その上下運動が収まったころに大橋直下。抜けるとゆっくりと斉灘に西に向けて回頭する。深夜のこの「来島海峡越え」は地味ではあるものの、結構灯りの動きや船の動きを見るのが面白い。

 

あとは部屋に戻ってひと寝入りし気がついたら5時。3時間しか寝てないやorz

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212235j:plain


まあそれでもこういう景色が見れたら、早起きした甲斐があるというもの。EZ助手席ナビで現在地を確認したら伊方沖の伊予灘で、四国ともそろそろお別れといったところか。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212300j:plain


こういう風な写真を撮ったりしながら朝飯を待つ。6時20分くらいにレストランへ向かうも学生諸氏が集団朝食中・・・しばし待って入場。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212320j:plain


・・・む、いかんな取り過ぎたww

メタボ気味の自分の体をいたわらなければ・・・といいつつメシ3杯、赤だし3杯おかわりしますたww以前乗った阪九フェリーはカフェテリアなのでかなり吟味しチョイスするので食いすぎることは無かったけど、名門大洋はバイキングなのでつい・・・(言い訳

 

腹がくちくなり部屋に戻り荷物整理。

こういう時天井が低いのが不便なもので思い切って動けない。やはり寝るためのスペースであって昼間の活動には向かないスペースだということを実感した。

 

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212337j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170919212354j:plain


8時ジャストに昇降ブリッジがかかり下船。ターミナル前の送迎バスは団体利用を考慮してか2台居た・・・

(2007年6月28日乗船)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会