旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■こちらもよろしくです・・・

とにかくバス停を上げるブログ(関東バス・神戸市バス・西鉄バスのバス停をとにかく上げてます)

旅する炭屋@棚ざらし(お蔵入りした写真を適当に上げていろいろ書いてます)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

つくし 阪九フェリー 大阪泉大津~福岡新門司

f:id:tabisuru_sumiya:20170907074719j:plain


先月仕事で乗ったのと同じだ・・・配船表では確か「やまと」のはずだったのにシップチェンジしたのかな・・・まあいいや
17時半出港は中途半端だけど、九州で一日を有効に使える(明朝5時半着)のでガマン、ガマン・・・

今回は奮発して2等指定A…JRで言う1人用個室寝台ですな。前に乗った指定Bに2K足してだから、かなりトクした気分。

f:id:tabisuru_sumiya:20170907074814j:plain

f:id:tabisuru_sumiya:20170907074828j:plain


こう書いたのは多分24系25型でシングルのA個室のインテリアがこんな感じだったのを
覚えていたからで、実際JRのタイプよりも上質の雰囲気を感じました。
唯一の欠点は窓無しの構造で、携帯がずっと「圏外」・・・orz
もっとも公室に出ればガンガン電波をつかむので問題とは言えないかもしれないけど
「寝ながらネット」という訳には・・・

ある程度予想はしてたけど…子供大杉orz
まもなくレストラン開店

f:id:tabisuru_sumiya:20170907074907j:plain

この日の夕食は日向地鶏鍋。
船の中でこういう凝った食事が摂れるとは思わなかった・・・
他にも北海道フェアと称して色々な海鮮の定食があったりしてバラエティに富んでいたな。うどんとカレーライス、とはもう古いのかも。

現在水島灘から燧灘の境目あたりを航行中。北に向かえば高梁川、南に向かえば香川県の詫間あたりって感じ。個室は快適ですがひとつだけ難点が…携帯の電波が入らない事ですな。まあこうしてロビーに出たらフツーに繋がる訳で不便さとしては感じないものの、寝ながらネット、という訳にはいかないです。

夜食弁当なるものを体験。レストランの酒肴と御飯を詰めたものだけど350円で満腹です。


初めての船の個室、に乗ったせいか興奮して寝れないw
案内所で「夜食弁当」というものが売ってありウインナーや肉類を炒めたものと玉子焼き
あとはご飯を詰めた単純なものだったけど、妙に旨かったな・・・

23時40分、来島海峡通過中…ゆっくりと弧を描きながら航行。対岸の今治市の街灯りがめっさ綺麗でつ。まもなく来島海峡大橋…


とりあえず九州キタ━━(゚∀゚)━━!!


ロビー人大杉orz

4時半くらいから「おはようございます。レストランでは朝食の・・・」って放送が流れていたのは覚えていたのですが、さて起きようと決心すると、

「本船はまもなく新門司港に着岸します・・・」

これは・・・ひょっとすると・・・寝過ごしの一歩手前・・・?


大慌てで荷物を整え着替えをし、ロビーに出るとすでに「人大杉」状態だったワケで・・・大半の客が旅行会社のバッジを付けていたので関西旅行を集団でやってた模様。

(2007年1月2日乗船)

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会