旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

炭屋です。ヲタです。人畜無害です。何処かへ行ったり過去に前に挙げた内容を再掲したりしてます。

はじめてお越しになられた方は、ここを御一読いただければ幸いです..._〆( ´・ω・‘)

■このブログについて
このブログは日々の日記ではなく、管理人のメモ帳と捉えて下さい。管理人が何か公共交通機関に乗ったとか、あとは乗り物に関して管理人がどこからか拾ってきたニュースがあった時とか、そういう時に更新される確率が高くなると思います(思います、と書いたのは管理人のサボタージュに起因するものとご理解いただければ幸いです)

■タグについて
「Archive」と付いている記事は前ブログからの記事移転分です。トップスレッド(2030-12-31)に簡単なインデックスを置いています(サイドバーにもタグ一覧はあります)

■「相互乗り入れ」について
リンクは自由です。そして「さよなら」も自由です。出来ましたらリンクをされる際にメールにてお知らせ下されば幸いです。

■その他
コメントは各記事の終わりにリンクを設けています。お気軽に書いて下さい(掲載の可否が管理人権限であることはご承知おき下さい)
(本文・SNS等の写真を使われたい方は管理人まで御一報下さい)

■Attention
Sorry! This blog is Japanese only. I don't accept to contact on besides Japanese.

2012年

広福ライナー19号 広島バスセンター~博多バスターミナル 中国バス

大阪~福岡間の移動で、この「広島刻み」はよく行います。直通のほうが便利なのは判っているのですが、多くのバスに乗りたいというヲタ的な思考からつい・・・運賃も割引を駆使すれば直通よりも安い場合がありますし。 携帯電話を充電するツールを探して紙屋…

山陽道昼特急広島5号 大阪駅JR高速BT~広島BC 中国JRバス

よく考えたら、この新しいJR高速BTから高速バスに乗るというのは関西住みでありながら、意外と少ないような気がします。「バスは始発から乗りたい」というヲタ的な思考からOCAT乗車だったり、大阪あべの橋乗車ってのはよくあるのですが、大阪駅からというの…

九州新幹線リレー号 デパート前~新八代駅 鹿児島交通観光

着眼点はよかったように思うのですが、長期に渡って運行を続けようとするなら少しヒネりがあった方が良かったのにと1回だけの乗車でも感じるくらい、残念さが漂ってました。 この路線に乗る前、宮崎市内のホテルでtwitterのタイムライン(つぶやきを時系列…

エアポートシャトル 卸本町中央~鹿児島空港 南国交通

この時に鹿児島空港から谷山電停までこの路線に乗ったことはありましたが、その逆というのは鹿児島在住時代を含めてまったく乗ってないことに気づいて、得意先回りの後に次の得意先への移動を兼ねて乗ってみました。 幾分か早めに得意先の事務所を出る事が出…

さつま号 大阪梅田~鹿児島中央駅 南国交通

8月某日。例によってtwitterを流していたらこんなツイートが・・・ 「平成24年9月末をもって大阪梅田~鹿児島間の夜行高速路線バス『さつま号』の運行を休止します」 これを見つけた時はかなりショックでした。一時期大阪~鹿児島間には夜行路線だけで3本も…

1系統 安東循環線 新静岡~静岡駅~臨済寺~西千代田~新静岡 しずてつジャストライン

個人的な見解として、1系統というのはそのバス会社、あるいはその営業所の代表的な場所を通る系統、という風に理解しています。そういう意味ではしずてつジャストラインが静岡市内で運行する1系統というのは、まさに静岡市の中心地を環状運転する市街地運行…

京阪神昼特急静岡1号 静岡駅~大阪駅JR高速バスターミナル JR東海バス

この路線、2004年に開設したものの乗車率の悪さから2006年に運休の憂き目にあっています。普通は運休された路線というのは需要の劇的な変化でもない限り再開される事はほとんど無いのが通説になってますが、どういう訳か5年を経た2011年に運行を再開しました…

広福ライナー11号 広島バスセンター~小倉南インター 中国JRバス

この路線から乗り継いだのが、この「広福ライナー11号」中国JRバス担当のガーラでした。アサインされたのが真ん中あたりの窓側で掛け値なしの満席だったので、記録もロクに取ってないので簡易的なレポとします。 広島バスセンター始発であるためか、ご覧の通…

サザンクロス号 OCAT~広島バスセンター 南海バス

広島へのアシは「高速バスネット」で取れる「山陽道昼特急」の方が便利なのですが、広島でこの路線の後に乗るものの乗り継ぎの時間を逆算すると「昼特急」のダイヤではやや不安が残ることから、久しぶりに「サザンクロス号」の昼便を「発車オーライネット」…

青春エコドリーム23号 東京駅~OCAT 西日本JRバス

これも関西行きの「終列車」ならぬ、「終バス」か・・・ これが今回の北海道旅行の最終ランナー。 「青春エコドリーム23号」大阪行き。「高速バスネット」で満席という表示を見てちょっと戦慄が走った。このバスの車内は4列シート。それが満席という事は・・…

はやて42号 新青森~東京

東京行きはまさにこの列車が「最終」・・・ 新青森駅のコンコースを走るでもなく、しかし早足で駆け抜け改札を抜けると19時25分。よし!これで勝てる!(謎 東京行き「最終」の「はやて42号」はE2系・・・行きと同じ形式の新幹線だ。が、指定された席に座っ…

特急 スーパー白鳥42号 函館~新青森

函館では20分ほどの接続時間が取れたが、とあるものを確保すべく走りまわってホームに戻ったら発車5分前だった。 これも広い意味で「東京行き最終列車」である。 「北斗号」までは周遊きっぷの範囲内だったので自由席で回れたけど本州連絡の、しかもある意味…

特急 北斗14号 札幌~函館

さて、後はひたすら帰るだけ・・・これから1000キロ以上の旅の始まりである。 キハ281・283系使用の「スーパー北斗」ではなく、キハ183系の「北斗」にしたのは・・・深い意味は無い。札幌まで登ってくる途中に区間利用ながらさんざ「スーパー北斗」には乗っ…

臨時特急 ニセコスキーエクスプレス1号 ニセコ~小樽

ニセコ駅の待合室で、軽く「業務連絡」をすませ再び乗り鉄再開。そろそろ世間的には「動き始めて」いるので仕方のないところ。 今回の旅はさっきの「2号」で乗り潰しもある程度目途がついたので、基本的に気は楽である。 ニセコ駅滞在20分で再び乗車。今度は…

臨時特急 ニセコスキ―エクスプレス2号 札幌~ニセコ

この列車を見つけたのは、昨夜ホテルで何気なくパラパラと時刻表をめくっていてのこと。 当初の予定では千歳線と「山線」の駅めぐりを予定していたのだが、こういう列車があってなおかつ自由席主体の列車とあれば乗らない訳にはいかないトコロ。周遊きっぷ(…

特急 すずらん9号 室蘭~札幌

今朝から「濃い」行程を巡ってきただけに、最後くらいはゆっくりしたいという気持ちからチョイス。 「列車別改札」にも慣れ、待合スペースで改札口を見ていたら「特急」の文字はあるものの、列車名までは表記されていない。多分アレだろと思った頃、改札開始…

特急 スーパー北斗7号 函館~長万部

「白鳥93号」からの乗り換え時間は14分なので、時刻表でこの乗り換えプランを組んだ時はちょっと際どいかな・・・と思ったけど、こうして定刻に走っていると冗長な時間に思えてしまう。 2両しかない自由席は満席で着席など望むべくもない。結局、先頭車のデ…

特急 スーパー白鳥22号 函館~知内

函館観光(?)らしき事をして、次に乗ったのがこの列車。 お馴染、新青森行き特急「スーパー白鳥22号」。この列車が午前中にこれから向かう目的先に停まる唯一の列車ということで、これがために朝早く江差線に乗っても「無意味」といった所以である、 五稜…

特急 白鳥23号 津軽今別~木古内

津軽二股・津軽今別の2駅訪問を終え、財布から「周遊きっぷ札幌・道南ゾーン券」を取り出し15時36分発の函館行き特急「白鳥23号」に乗車。 JR北海道の789系が多数を占める青函系統で、2往復だけが485系、つまりJR東日本の編成が頑張っている。485系と青函ト…

はやて15号 東京~新青森

「フライングスニーカー号」を降りた後は何となく八重洲の地下街を彷徨い歩いたり、八重洲口のJRバス乗り場で撮りバスをしたりして時間を潰した。早朝は便数少ないから結構暇なんだよねー・・・日本橋口で到着便撮ってた方が有意義だったかなぁ。 そして、7…

フライングスニーカー号 大阪駅前~東京駅八重洲通 近鉄バス

始発(あべの橋BT)から乗ろうかな・・・と予約時に思ったものの、元日くらいはギリギリまでウチに居ておくかと、自宅最寄りから一番近い大阪駅前から予約。 川西能勢口から急行で梅田へ。元日夕方はガラガラだった。 百貨店の「初売り」の広告ばかりが目立…

Ⓒ2017 旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~ひとり製作委員会